湯畑や西の河原公園など!群馬県草津温泉でオススメする4つの観光スポット

群馬 観光 温泉

はい、皆様こんばんわp(´⌒`q)
ブログ主の黒いりんご(glory820)です。

昨日まで研究室の卒業旅行で草津に行っていました。

ちなみに去年も就活ピークの中に強行日程で草津旅行でした。去年の場合には疲れて、次の日から予定に支障が生じたので、そのことを踏まえて、今回は次の日はフリーに。結論としては非常にマッタリと過ごせました。

最近は会社、学校、実家、漫画喫茶の往復で疲れていたんで美味しいものを食べて温泉でリフレッシュできましたね。

そこで、今回は草津温泉についてまとめてみました。

関連記事
グアムを満喫するならレンタカーで南部スポットのタロフォフォの滝がおすすめ!
千葉といえば?と思い出される名産物、有名グルメ、観光スポット
ゆるキャラのぐんまちゃんで有名な群馬県の日本一のものを集めてみた。

スポンサーリンク

元群馬県民が教える群馬県草津温泉でオススメする4つの観光スポット

草津温泉の象徴の湯畑

草津 茶畑

草津温泉の湯畑といえば、湯畑とは温泉の源泉の温度を調節したり、温泉の成分である湯の花を採取する施設であり、群馬温泉のシンボルとなっている観光名所です。近年では、映画でも使われることが多くなっています(実際に千と千尋の神隠しでも音声が使われているそうです。)

毎分4,000リットルの熱湯が出ているそうで、この温泉が、周りにある各旅館に送られるとのことです。施設内には足湯があり、草津温泉の温泉は強酸性であるので数分間でも温まるだけでも体が温まる効果があります。

湯畑の周りにはお土産屋や飲食店、コンビニもあるので、草津温泉の観光はここで始まり、ここで終わると行っても過言ではありません。

周りの施設では焼き鳥や温泉まんじゅうなど美味しいものが満載なので食べ歩きをしている人も多くなります。

体験したら思い出になる!文化財産である熱乃湯

群馬草津温泉 湯もみ

文化財産である熱乃湯では、湯もみと踊りのショー、実際に湯もみができる体験コーナーなどここでしかできないイベントが多くなっています。

1日に6回ほどあるので、草津にきたら、是非参加してほしいイベントなっています。実際に体験型のイベントであるので参加してみると思い出に残るものだと思います。

何故、湯もみをしなければいけないのかを説明すると、草津の温泉の源泉の温度は50度以上とそのまま旅館などの施設に送ると高温で人が入ることができません。また、冷水などで温度を下げてしまうと温泉の成分が薄くなってしまうので、湯もみによって温度を下げているのです。

その景色は幻想的!西の河原公園

西の河原露天風呂

湯畑から少し歩いてある西の河原公園は敷地内の多くに温泉の源泉が溢れているので、その風景は散策コースとしても知られています。名所としても穴守稲荷神社や縁結び地蔵などがあります。

西の河原公園の風景は、自然豊かな独特の雰囲気であり、冬の場合には雪も積り、より風情ある景色となります。

西の河原露天風呂もあるので、森林に囲まれた中でのんびりと温泉に浸かることでリフレッシュもできます。また、日本でも有数の広さの露天風呂だそうです。夜はライトアップもされていて、それもまた気分が良くなります。

外さない美味しさ!群馬草津温泉 居酒屋源氏

 居酒屋 源氏 群馬

草津で夜を過ごすなら、是非ともオススメするのが、居酒屋源氏です。

草津温泉で人気の居酒屋となるので、来店する際には予約をオススメします。予約をしない場合には、間違いなく混むので19時以降に入るのは難しくなります。

場所としても茶畑の本当に近くとなっていますので、茶葉を見た後に夕食を食べるのには便利です。

料理としては、レバ刺し、蟹味噌、モツ煮込みと浅間酒造の日本酒など群馬の美味しい日本酒に合うメニューが満載で、しかも、本当に美味しい。中でもオススメなのはモツ煮込み。味も辛口と通常の2種があり、どちらも美味しい。お店のオススメであるのもありますが、外さないですね。

ラストオーダーが23時半なのも、地味に嬉しいところです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。