プロとアマでは行動や考え方から、こんなに違う?プロとアマを決める13個の要素

プロとアマの違い

ブログ主のアナザースカイ(h_anazawa0203)です。

今日はGW最終日ですね。
この暑い中、このブログ記事を偶然に見た皆さんは、どのように過ごしましたか???

ブログ主の僕はというと……何をしていたかは秘密ですw
GWのことを、ちょっとだけ言うと、寿司や焼き肉、テンプラなど贅沢な食事ばかりをしていますw

さてさて、今日、電車で移動中にあるメルマガの内容が目に入り、熟読してしまいました。

内容はコチラ↓↓

スポンサーリンク

プロとアマの13個の違い

プロの条件

プロ

1. 人間的成長を求め続ける
2. 自信と誇り
3. 常に明確な目標を指向
4. 他人の幸せに役立つ喜び
5. 可能性に挑戦し続ける
6. 思い信じ込むことができる
7. 自己訓練を習慣化
8. 時間を有効に習慣化
9. 成功し続ける
10. 自己投資を続ける
11. 使命を持つ
12. 出来る方法を考える
13. 自分のシナリオを書く

以上がプロの要素13個となります。

アマチュアの条件

アマチュアの要素

1. 現状に甘える
2. ぐちっぽい
3. 目標が漠然としている
4. 自分が傷つく事は回避する
5. 経験に生きる
6. 不信が先にある
7. 気まぐれ
8. 時間の観念がない
9. 失敗を恐れる
10. 享楽的資金優先
11. 途中で投げ出す
12. できない言い訳が口に出る
13. 他人のシナリオが気になる

上記がアマチュアの要素13個となります。

最初にこれを読んだ時に、僕自身はまだほとんど、「自分はプロではないな」と思いました。
まずは意識改善として、今後はプロの13項目を意識はしていきたいと思っています。

この13の項目を意識して、もしも数年後にこのブログのこの記事を見たときに、今はプロの13の項目のうち何個かは大丈夫だと思えるようにしたいと思いたいです。

そのためには毎日の小さな変化の積み重ねが大事だと思いますし、一瞬を全力で行っていかないといけません。
*巨人の小笠原も2000本安打達成で同じようなことを言っていました。

良い習慣をずっと「継続」することに自体にも意味があると思いますが、継続だけではなくて、全体の舵の切り方が正しい方向に向いているなら、少しずつ自分の状態を良くしてゆく習慣をつけていくことが大切だと思います。

今、次に働くであろう場所がぼんやりとですが、決まってきているので、次の職場ではプロになれるように今から準備を行っていきます。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。