新卒で安心して転職したい!東京での第二新卒の就職活動でオススメの求人企業情報!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このブログの新着記事

このブログの新着記事

このブログの新着記事

新卒転職 東京

大学や短大でSPIや面接、グループディスカッションを突破して苦労し、新卒で就職した会社を1年も経たないうちに退職してしまった、、、、という方もいるのではないとか思います。

私も、そんな1人でした。大学の先輩や家族など周りの人からも新卒で入社した会社では最低3年間は働かないと、まともに転職できない、正社員として働くのは難しいと言われ、今後の人生について先が真っ黒になりました。

大学院を就職して、新卒の会社を半年で退社して、何とか、正社員として再就職、転職しなければ!と転職サイトや求人サイト、転職エージェントを駆使して試行錯誤して転職活動を行いました。

その結果、ニート期間を半年間過ごした後に3か月間の転職活動を経て、無事に正社員として転職することができました。私のように新卒で入社した会社を直ぐに辞めた後に正社員として転職したいという方の手助けになれば、幸いです。

スポンサーリンク
広告336280




今回のブログ記事の目次について

今回のブログ記事の目次

退職理由が新卒で就職した会社がブラック企業で辞めた

新卒入社の会社を1年未満で退職、そんなあなたにマイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sを実際にサイト主が使用しての転職活動

マイナビジョブ20’s が第二新卒の転職におススメの3つの理由

新卒の会社を辞めた後に転職活動をする上で大変なこと

とりあえず、マイナビジョブ20’Sで転職活動の相談をしてみる

退職理由が新卒で就職した会社がブラック企業で辞めた|第二新卒での再就職

新卒転職 ブラック企業

退職理由がブラック企業に入社してしまい、その不満から退職してしまったという方も多いとのではないでしょうか。サイト主である私も理系の大学院を卒業後に新卒で入社したメディア事業を展開している企業も、所謂ブラック企業でした。

サイト主が入社したブラック企業とは?

転職 ブラック企業

このサイト主が新卒で入社した会社は投資メディア運営を行うベンチャー企業であり、4月に入社してから会社を辞めるまでの半年間は土日も本当に休みがなく、始電終電で働いているような生活でした。

これ、冗談のような話かもしれませんが、本当です。

更に一般的な社長のワンマン会社であったので、社長が絶対的な権限を持ち、社長の意向に沿わないと退職に追い込まれるなどのパワハラもありました。

実際に入社した際には14人いた新卒社員も、入社して1ヶ月で4人退職し、半年後には残り4人となっているほどでした。この離職率は新卒社員のみに言えることではなく、既存社員や中途で入社してきた社員も同様であり、毎月のように人が入社し、毎月のように人がいなくなっていくような会社でした。

会社としての売上がある程度あったので新卒としての給料はある程度の水準ではありましたが、出社してから働く時間もほぼ終電までということで、土日も休みがなかったので稼いだお金を使う時間がないほどでした。

更に、友人からの誘いに時間を合わせることができずに、友人関係も狭くなっていったように感じます。

実際にブラック企業を退職までにどのようにして働いたか

転職 ブラック企業

4月に入社して退職までに一切休みはなかったことと帰りはほぼ終電だったので、体調管理だけはしっかりと行おうと睡眠時間だけはしっかりと確保しました。

また、仕事についてもカスタマーサポートや企画など膨大な仕事があったので、優先順位をしっかりとつけてミスなくこなすだけでなく、周りの人と良好な関係を築けるように意識して仕事を行っていました。

あの頃の自分を振り返ると新卒で入社したことがあり、自分の環境がブラックであることを疑わずに、ガムシャラに仕事を行っていたと思います。

その分、体調管理とメンタル力は非常についたと思いますし、今でも役立っています。

新卒で入社した会社を退職して

転職 パワハラ

新卒で入社した会社で、バリバリと仕事をしていましたが、ある日家庭の事情でどうしても休みを取る必要があり、有給の申請を申し出ると「それはできない」という回答だったので、今までに我慢してきた不満が爆発し、退職を決意しました。

退職後に転職サイトから各企業へエントリーしましたが、新卒で入社して直ぐに退職してしまったことがあり、転職活動は苦戦でした。

そして、自分だけでは転職活動を成功できないと感じて転職支援のサービスを利用することにしました。

マイナビジョブ20’Sで良い担当者に巡り合えたおかげで転職活動をスムーズに行うことができました。夜遅くまで営業しているので、転職活動の帰りにしっかりと、カウンセリングを受けることができました。

私の担当者は、厳しいことも言ってくれる方だったので、最初は怖かったのですが、私よりも頑張って動いてくれるので、信頼して転職活動を行うことができました。無事に転職先が決まった時は、入社やこれからの社会人生活に対してアドバイスをしてくれたりするなど、支障なく次の会社に入社することができました。

あまりスキルや経験を持っている方ではなかったので、相手にしてくれないかも、と不安でしたがたまたま、欠員が出たwebメディア企業があったので、半年で転職先を見つけることができました。

ブラック企業の定義とは

ブラック企業 残業

さて、ここまで、サイト主が入社したブラック企業の内容を記述しましたが、ブラック企業として判断される明確な基準や定義とはどんなものなのでしょうか?

実はブラック企業であるという明確な基準というのは現在のところ存在しません。

しかし、一般的に下記の特徴がある会社がブラック企業であると認知されているようです。

日々の勤怠時間が長すぎる
土日出社、有給は使えない
残業代はなく、低賃金
セクハラ、パワハラは当たり前
離職率が高く、人の入れ替わりが激しい

新卒で入社した会社がブラック企業で限界がきて辞めてしまった。それは、正しい選択だと思います。

ブラック企業で無理して働き続けて、うつ病になってしまったり、精神的に追い込まれて自殺してしまった人のニュースなどを見た時はありませんか?

働くのにも肉体的、精神的にも健康であることが必要ですので、あなたが健康であるのなら、再就職で人生をやり直せる機会はあります。

しかし、次に入社する会社もブラック企業だったらという不安もあると思いますので、それは転職先の会社のことをよく知っているプロの転職エージェントに相談してみましょう。

新卒入社の会社を1年未満で退職、、、、そんなあなたには20代、第二新卒専門の転職サポートサービス【マイナビジョブ20’s】

第二新卒 転職

期待に始まった社会人生活だったのに、学生時代に苦労して入社した会社がブラック企業だった。。。

また、入社してみて、パラハラ、セクハラなどにあってしまった。。。
様々な理由があり、どうしても、耐えられなくなって、考えた結果、就職した会社を退職。

この先の人生について、不安になると思いますが、落ち込まずに転職活動をしましょう。
大卒者の3年以内離職率が32.3%の現在の社会では、そんな第二新卒のための専門転職サポートがあるんです。

マイナビジョブ20’s で諦めずに正社員を目指して転生活動をしてみませんか?

マイナビジョブ20’sの詳細はこちら



マイナビジョブ20’sを実際にサイト主が使用しての転職活動

転職 新卒 東京

新卒で入社した会社を退社してから、自分一人で転職活動を行っていましたが、全くうまく行かずに偶然紹介されたマイナビジョブ20’sを利用することにしました。

ここでは、実際にマイナビジョブ20’sを使ってみての感想と私の転職活動の結果を紹介していこうと思います。転職エージェントは転職活動のサポートしてくれるプロであるので、私の転職活動での面接やレジュメなどダメな部分を大きく修正してくれ、私に合う様な会社を親身に紹介してくれました。

転職活動を終えた今ではマイナビジョブ20’sを利用して本当に良かったと思っています。20代の転職活動で不安に思うことは多いかもしれませんが、親身にあなたの転職活動の不安を聞いてくれる存在ができるのは貴重です。

サイト主のマイナビジョブ20’s転職活動体験レビュー

新卒 転職 エージェント

転職求人サイトを利用して自分が入社志望した会社にエントリーしても書類選考でほとんど落とされて、稀に面接まで行ったとしても、1次面接で不採用の通知。

会社を退職して、時間が経てば立つほど、社会復帰できるのかな、もうダメなのかな、地元の田舎に帰ろうかなと大きな不安が大きくなってきた時に、大学先輩に紹介されたのが、マイナビジョブ20’sの転職支援サービスでした。

最初は転職支援サービスとか使えるのか?っていうのが本音でした。自分の中では転職エージェントは、求職者を企業に入れれば、会社の儲けが出るので、求職者に対して入りたくもない会社を紹介して、無理やり受けさせられるんじゃないだろうかと思っていました。

紹介してもらったことがあるので、最初は半信半疑でwebから登録すると、その日に先方から連絡があり、担当者の方とのヒアリングの日程が決まりました。

そして、ヒアリング当日、簡単な挨拶から始まり、今までの経歴、会社を辞めた理由、退職した会社ではどんな業務をしていたのか、次はどんな業界、会社を希望するなどのヒアリングを受けました。幸い、担当のキャリアドバイザーが経験豊富な方であったので、ヒアリングの際にも今後の将来に対して不安を抱える私に対してアドバイスをくれるなど、私の不安を聞いてもらいました。

また、社会人として実務経験が非常に少なかった私の経験を踏まえて、職務経歴書や履歴書の添削、退職理由の上手い言い回し方など面接対策も行ってもらいました。

やはり、自分一人で転職活動を行っていた時と違い、第三者の目から書類を確認してもらったり、面接をしてもらうことで、今まで気が付かなかったことがわかり、非常に転職活動を進めるのにも役立ったと思います。

おそらくですが、この経験豊富な担当者であったこととマイナビという認知度の高い会社という安心感がなければ、転職エージェントを使っての転職活動を行うことはなかったと思います。

とりあえず、マイナビジョブ20’Sで転職活動の相談をしてみる

実際にマイナビジョブ20’sを使っての転職活動

新卒 転職 面接

マイナビジョブでのヒアリングを終えてから、マイナビジョブを使っての転職活動が始まりました。

やはり、職務経験的には大手企業を受けることは難しいとアドバイザーの方と話して、中小企業やベンチャー企業を中心にエントリーすることにしました。

その際には転職支援サービス、キャリアドバイザーがついていて良かったこととしては、通常の求人サイトには掲載していない非公開求人を紹介してくれたり、受ける会社の表面的な情報ではなく、内部的な情報まで教えてくれたり、面接でどのようなことを話せばよいか、どのような立ち位置の人が面接官なのかをアドバイスしてくれたことです。

面接が終わるごとに私へのフォローだけでなく、企業に対しても私のアピールへの後押しの連絡を入れてくれるなど転職エージェントならではのサポートしてくれました。

マイナビジョブを使って1ヶ月半ほどで、当時興味があったwebメディア企業への内定を無事にいただき、私の長かった転職活動は終わりを告げました。

1ヶ月半ほど連絡を取り合った結果ですが、今でも担当していただいたキャリアドバイザー方とも交流があり、飲みに行く仲となっています。

マイナビジョブ20’s が第二新卒の転職におススメの3つの理由

マイナビ 転職 おすすめ

私自身も転職活動を始めた際には、どの転職支援が良いのかが全くわからずに手当たり次第に転職サイトでコピペで作成したようなレジメを送り、面接すらできない、面接をしたとしても上手く自分をアピール出来ないなど結果が出ない転職活動を繰り返していました。

偶然に紹介させたことでマイナビジョブ20’sでしたが、その紹介がなかったら、転職活動に苦労していたかもしれませんし、また、入社した会社がミスマッチして苦労していたかもしれません。

このページを読み始めた人にとっては、マイナビジョブ20’sが数ある転職支援サービスと何が異なるのかが、気になるところだと思います。

そこで、実際にマイナビジョブ20’sで転職活動を成功させたブログ主目線でオススメの3つのポイントを紹介します。

20代専門第二新卒転職サービスマイナビジョブ20’Sに無料で申し込んで見る

20代専門の転職支援サービスである

転職 営業 ブラック企業

マイナビジョブ20’sをオススメする理由としては、やはり、20代の転職を専門的に行っていることが大きいです。

実際に、マイナビジョブ20’sでは年間に1万人以上が登録して各カウンセラーがレジメの添削、面接対策などをサポートしてもらっています。そのため、キャリアアドバイザーの方も、20代専門のキャリアアドバイザーとしての実力もしっかりとしています。

転職活動や社会人経験が豊富になる30代以上とは異なり、20代での転職は自己PRや面接など不安に思うことも多いと思いますので専門家にサポートをしてもらうだけで、あなたの転職活動の結果は大きく異なります。

実際にどんな人達が自分の転職もサポートしてくれるのかも、紹介ページもありますので、興味がある方は確認してみてください。

東京、大阪、名古屋、京都で転職のためのセミナーを実施

就活 地元

マイナビジョブ20’sでは、熟練のキャリアアドバイザーが毎週のようにセミナーを行っています。

更に社会人経験○年以上や初めての転職相談会、営業職、理系出身者限定など社会経験や業種でセミナーが区切られているだけではなく、○○県内、○○入社を目指すなどエリアや期限までで区切られているので、あなたに合ったセミナーに参加してみるのも良いと思います。

実際に私も新卒で入社して、半年で辞めて転職活動を行うことになりましたが、実際にセミナーで出会った同じ境遇の人と話してみると安心感も持てますし、しっかりと自分の境遇や志望にあった内容のセミナーになるので、従来のふわっとした転職活動のためのセミナーとは異なり、身になることは多くありました。

また、転職活動をサポートするような自己PRの方法や面接対策のセミナーも行っているので、今考えると、このセミナーで得たテクニックや知識は今でも生かされていることが多くなっています。

東京や大阪などの主要都市以外の地方の方でも、大手企業のwebセミナーや選考も行っているので、確認してみましょう。

マイナビジョブ20’sにしかない非公開求人や未経験者OKの案件

マイナビ おすすめ 就活

多くの紹介サイトでも記述されていますが、8割ほどは非公開求人となっています。実際に渡しも、紹介してもらった求人情報を他の転職サイトでも確認してみたのですが、掲載されていなかったので非公開求人でした。

やはり、非公開求人が多いのもマイナビグループというバックグラウンドの存在も大きいと思います。

また、私のように入社して半年で退職など、次の転職先で通用するかなどの経験やスキルの悩みもあると思います。しかし、マイナビジョブ20’sでの求人では20代専門の求人ということもあり、未経験者OKなどの求人が多くなっています。

もちろん、それでも不安に思う方もいると思いますが、専任のキャリアアドバイザーがあなたのスキルに合っているかなどアドバイスもしてくれるので1人で転職活動を行うよりは安心感があります。

新卒の会社を辞めた後に転職活動をする上で大変なこと

大変なこと 新卒

ここでは退職した後の実体験を基にした会社を辞めた際に大変、苦労することを紹介します。
自分でも該当しそうなことを確認してみてください。

転職の前に社会保険、年金、失業保険など会社を退職した際に行う手続き

国民年金の手続き

会社にいる時には、働いている人は給料から自動的に引き落とされる厚生年金に加盟していますが、退職して職がなくなると国民年金に加入することになります。

会社を辞めた際にもらう離職票、年金手帳、印鑑、身分証明書を持ち、区役所や年金センターの窓口で手続きを行うことができます。

手続きを行わない場合には、年金未納状態になり、催促のはがきが自宅に送られてくることになりますので、しっかりと手続きを行いましょう。

もしも、自分で支払うのが難しい状況の場合には、20歳から50歳未満の方の場合に保険料の納付が猶予される納付猶予制度がありますので、利用してみるのもいいと思います

健康保険の手続き

社会人になると保険は社会保険に加入していることになりますが、退職後は国民健康保険に加入するか、今まで使っていた社会保険を一定期間継続する任意継続するどちらかになります(実は家族の扶養に入るというのもあります。)

何も手続きを行わないと無保険状態になるので、病気や怪我をしても保険証がないので100%自分で医療費を払うことになってしまいますので、保険も年金と同じく必ず手続きを行いましょう。

任意継続の場合には、退職するまで2ヵ月以上の被保険者期間があり、退職した翌日から20日以内に協会けんぽ支部で任意継続被保険者資格取得申出書を提出する手続きをする必要があります。

任意継続被保険者としては、保険料が納付されなかったなどのアクシデントがない限りは、2年間加入が可能となっています。

失業保険の手続き

会社を辞めた際に次の就職先が見つかるまで時間がかかる場合には、失業保険の手続きをしておくことをオススメいたします。

会社都合での退職の場合には手続きを行ってから、すぐに受給できますが、 自分の意志で退職した自己都合退職の場合には、失業保険を受給までに3ヶ月間の時間があります。

ここで、注意しなければいけないのが、会社を辞めた後に3ヶ月間したら、失業保険をもらえるのではなく、失業保険の手続きを行ってから約3ヶ月後に振り込まれるようにことです。

ですので、会社を退職した際には、できるだけ早く、ハローワークで失業保険の手続きを行っておくことが良いです

失業保険の受給額は退職した会社の半年間の給料の約60%となります。この金額が手続きを行ってから、約3ヶ月間で失業保険が振り込まれるようになりますが、その間の3ヶ月間は
週に20時間以上1ヶ月以上のアルバイトは雇用保険の被保険者となるので就職扱いとなり禁止となります。

住民税の支払い

新社会人として1年目には、給料から引かれていませんが、2年目からは住民税が引かれるようになります。

会社員として働いている時には、年金や保険と同じく自動的に引かれているので問題はありませんが、会社を辞めた後には、自分で収める必要もでてきます。

また、退職した時期によって、一括か分割で支払うかの対応が異なってきますので、自分がどのようにして住民税を支払わなくてはいけないのかを確認しましょう。

苦労して入社した会社を退職してしまった。初めての退職で、次はどうして良いのかわからないという方も多いのではないでしょうか。落ち込む方もいるかもしれませんが、安心してください。まだ、若いのだから、再就職、転職は全然難しくありません。再就職するにはどんな方法があるのかを簡単にまとめましたので、転職活動の準備を進めていきましょう。

転職サイト、ハローワーク?後悔しないように転職活動、再就職を成功させるために!

転職 新卒 求人

苦労して入社した会社を退職してしまった。初めての退職で、次はどうして良いのかわからないという方も多いのではないでしょうか。落ち込む方もいるかもしれませんが、安心してください。

まだ、若いのだから、再就職、転職は全然難しくありません。再就職するにはどんな方法があるのかを簡単にまとめましたので、転職活動の準備を進めていきましょう。

転職サイトに登録!転職サイトの求人検索ってどんなものがある?

仕事を辞めた後に、転職をしようと考えた時に、真っ先に思いつくのが、転職サイトを使っての転職です。

大学や大学院、専門学校から新卒での入社の際に、リクナビやマイナビなどを利用していたことがある方も多いのではないでしょうか。

新卒の入社の時とはサイト名も少し違くなっていますので、大手の求人サイトをここではまとめてみました。

リクナビNEXT
MIIDAS
DODA
@type
エン転職

各転職サイトごとに求人数であったり、独占案件があったりするので、転職サイトを利用する場合には、いくつか登録してみて求人情報を確認してみることも良い方法だと思われます。

転職といえばハローワーク?ハローワークってどんな場所?

学生の時にはあまり行く機会のないハローワークですが、一体、ハローワークとはどんな場所なのでしょうか?

ハローワークとは正式名称は公共職業安定所であり、国民がしっかりとした雇用ができることを目的にした行政機関の職業紹介所です。

ハローワークの機能としては、転職希望者、再就職希望者への転職の相談や希望に合うような企業の紹介の他に退職後の雇用保険の手続きが行えます。なお、転職者への支援の際には、一切の金銭は発生せず、企業への転職が成功すると金銭が発生する民間の職業紹介所とは異なります。

紹介してくれる、求人情報は、正社員、パート求人、臨時雇用と全ての雇用を網羅しています。

どのような求人があるかは、ハローワークにあるパソコンからも検索できるのは、探してみましょう。ハローワークでしか、見かけないような仕事もあるかもしれません。

家族、親戚、友人、大学のコネで次の就職先を探す

転職活動をするために、何度も求人票を提出したり、面接を行ったりしても、仕事が決まらない場合があります。

そんな際には、家族、親戚、学生時代からの友人や教授や先生にコネで入社できるような会社を紹介してもらうのは、仕事が高確率で決まりやすい方法です。

デメリットとしては、周りにコネを持っている人がいない場合や仕事を紹介できるような友人がいない場合にはまったく使えない方法となってしまいます。

更に、仮に入社できたとしても、仕事が合わなかった、給料面に不満があっても、紹介してくれた人のメンツを保たないといけないので簡単には辞めることは難しくなります。

求人誌や新聞から求人を探す

コンビニやスーパーなどで無料で配布している求人誌を利用して転職活動を行う方法もあります。

地方限定の求人内容が掲載してある場合が多いので、地域に沿った求人情報を探すことができるのは求人誌や新聞で求人情報を見つけるメリットとなります。

手軽に求人情報を得るために非常の良いですが、求人情報の内容は正社員採用が少なく、バイトやパート募集が多かったり、求人情報の更新がほとんどない場合が多いので、いつも同じ求人情報を見かける場合が多くなります。

転職エージェントを利用して求人を探す

最後は転職エージェントを利用しての転職活動です。

今、この記事を見ている方も、何らかの不満を抱えて転職活動を行おうと考えている方ではないでしょうか。

もしも、苦労して転職活動を終えて、新しい会社に入社しても、その不満が解消できなかったら、幸せにはなれません。

転職エージェントの方は、人を欲している企業と転職希望者をしっかりとマッチングさせる役目をしてくれる転職支援のプロであるので、あなたの要望に合う会社を紹介してくれ、入社のために面接対策やレジュメの添削など転職活動のアドバイスを行ってくれます。

転職活動における多くの不安を解消してくれる存在になりますので、転職エージェントを利用した転職活動はオススメの1つです。

とりあえず、マイナビジョブ20’Sで転職活動の相談をしてみる

一般企業には履歴書がなかなか通らない。新卒での退職理由をどうするか。

転職理由 新卒

長い学生生活を過ごして、苦労して入社した会社を止む得ない理由で短期間で辞めてしまった場合、転職するために書く履歴書や面接でも入社した会社を退職した理由はほぼ聞かれる内容となります。

あなたも聞いたことがあるかもしれませんが、世間では新卒で入社した会社は3年間はいたほうが良いと言われる中で短期間で退職した場合には、転職する会社にどのように伝えたらよいのでしょうか。ここで伝え方を間違えると、入社したとしても、前職同様に短期間で辞めてしまうのではないかと捉えられてしまう可能性があります。

退職利用として、前職の会社の批判などはNG

入社した会社が休みがなかった、酷いパワハラを受けた、人間関係が上手く行かなかったと退職理由にはさまざまな理由はあると思いますが、その退職理由を全面的に退職した会社のせいにしたり、愚痴を言うこと転職活動での面接官の印象がよくありません。

批判や愚痴などの不満があるのはわかるのですが、そのような不満は社会人生活をする上でなくなることはありませんので、そのような問題に直面した時に素直にどう考えて、次は改善するのかを伝えることが大切です。無駄な言い訳は止めましょう。

長い社会人生活の中で、新卒で入社した会社で1年目などは失敗の連続であるので、会社や上司とそりが合わずに辞めてしまうこともあります。社会人の経験がないので、環境の変化に対応しにくいことも要因としてはあると思います。

実は、現在は大学を卒業して、1/3の人が新卒で入社した会社を辞めているのです(意外に高い離職率ですね。)

ですので、短期間で会社を辞めたのは自分だけとネガティブに思わずに、ポジティブに転職活動を頑張りましょう。

転職で伝えるべき大事なことは、今後の未来のキャリア

退職理由については、素直に伝えて、次に同じような状況になったら、どのように改善していくのかを伝えましょう。

上でも伝えましたが、最近の第二新卒の転職状況は昔と変わっているので、しっかりと理由を伝えれば、問題ありません。

過去の退職理由はしっかりと伝えることは大事ですが、第二新卒での転職で伝えるべき最も大事なことは未来へのキャリアや入社した会社にどう貢献してくれるかのポテンシャルの部分です。

自己分析をしっかりと行い、志望した会社にどのように貢献できるかをアピールできるようにしましょう。

ここで、大事なことは、自己分析を行い、その会社で自分が活躍できるようなビジョンが思い浮かばなかった場合には、一旦はその会社を受けることを保留にしましょう。

それだけ、面接で大事な部分がこの部分だからです。

面接で何をいうかを迷った際には転職エージェントに相談

第二新卒で面接で伝えるべき重要なことは何かをわかったと思いますが、いざ、自分で自己分析をしたり、面接対策をすることは非常に難しかったりします(仮に会社に勤務しながら転職活動を行っている場合には、なおさらです。)

その場合には転職エージェントを利用して、多角的に自己分析をしてもらったり、面接の練習をしてもらうことが良いかな思います。

私自身も、今は営業としてバリバリ働いているので、自分のことを伝えるのは苦手ではなくなってきましたが、元々は自分のことを伝えることは苦手だったので、面接は苦手としていました。

そこでマイナビの転職エージェントを利用して、キャリアカウンセラーの方に相談を受けて、しっかりと自己分析の方法を教えてもらい、模擬面接や面接の際には何を聞かれるかなどを徹底的に叩き込みました。

その結果、他の人よりはだいぶ時間がかかりましたが、無事に転職活動を終えることができました。

私が利用したマイナビの転職エージェントは第二新卒の転職のプロフェッショナルなので、転職活動に悩んでいる方は、一度、相談を受けるのは良いかもしれません。

とりあえず、マイナビジョブ20’Sで転職活動の相談をしてみる

転職できるのだろうかなど今後の人生に不安になる

新卒 悩み 転職

せっかく苦労して入社した会社を辞めた後には、20代にして無職になってしまった不安がつきまとうものです。

私自身、大学にストレートに入り、大学院まで進んだ時にリーマン・ショックが起こった年に就職活動を行っていたので、苦労して入った会社の実態が相当なブラック企業だったことは衝撃を受けました。

そして、頑張り続けようと思いましたが、限界が来て辞めてしまい、人生で挫折を味わったとともに、今後の自分の生活には非常に不安を覚えたのを覚えています。周りの人と比べてしまって、落ち込むこともあるかもしれませんが、まだ、若いのでやり直しはできます。

新卒で活躍する周りの同期と自分を比べてしまう

一緒に卒業した大学の同期が、自分とは違って、入社した会社で活躍していたりすると、自分と比較してしまい、気分が落ち込んでしまうこともあるかもしれません。私自身もコンプレックスの塊であるので、周りの人と比較してしまい、無職になった自分を追い込んでしまいました。

でも、ここで考えてみてください。ここで、一番大事なのはあなたの身体です。このままの環境であなたは周りで活躍している人のように、社会人として活躍できるでしょうか。

会社で活躍している同期も、活躍できる環境があったからというのはあるかもしれませんが、まず、活躍できる心身共に健康な部分があったからです。

あなたがこのまま辛い環境で仕事を行って、身体を壊してしまったら、仕事で活躍するどころか、今後の長い社会人生活にも支障が出てしまいます。

ですので、自分の身体を第一に考えて、限界が来る前に、転職を考えましょう。

会社を退職してからの今後の生活が資金的に不安になる

会社を辞めた後に、就職で地方から東京に出てきて一人暮らしをしている方は資金的に今後の生活に不安になることもあると思います。

東京で新卒で就職して短期間で退職してしまった私もそうでした。
もしも、実家暮らしであったならば、この悩みは生まれないのになと当時はよく考えていましたね。

更に、いつ次の仕事が決まるかわからない中、転職活動が長くなってくると、貯金もどんどんなくなってくるので、不安感が増してきます。

早く早く、次の職場を決めないと生活が出来ないと焦ってしまいますが、ここで大事なことは働くことを早めに決めるのではなく、あなたに合った働く会社をしっかりと見つけることです。

焦ることはわかりますが、簡単に入社できる会社は大量採用で離職率も高いブラック企業であることもありますので、そのまま、入社してしまうと同じことの繰り返しとなってしまいます。

今後の転職活動の不安は誰かに話しを聞いてもらうのがベスト

今後の人生や生活で不安になることはありますが、自分1人で悩んでいてもなかなか解決することは難しいので、誰かに自分の悩みを相談して見るのは良い方法です。

私も大学の先輩や家族など多くの人に、自分の今後の人生や転職先など悩んでいることについて相談にのってもらいました。

その中でも、東京で一人暮らしを行いつつ、一番話を聞いてくれ、的確なアドバイスをしてくれたのが、マイナビの転職カウンセラーの方でした。

マイナビジョブ20’sの転職カウンセラーは、私と同じ悩みを持った多くの20代の転職志望者を見てきている第二新卒専門のカウンセラーであるので、あなたの悩みに対して、的確なアドバイスをくれると思います。

退職して方1人で悩んでいても、何も前には進みません。あなたも転職カウンセラーに相談してみて、効率的に次の就職先を探してみてはいかかでしょうか。

とりあえず、マイナビジョブ20’Sで転職活動の相談をしてみる

スポンサーリンク
広告336280




広告336280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする