オーストラリア(豪ドル)の金利が高い理由は何故なのか?

オーストラリア 金利

皆様、こんにちは、ブログ主の黒いりんご(glory820)です。

もう年末で忙しい時期ですね。
年末で忙しい時ですが、投資家としての活動もキチンと行っています。

最近は、FXとCFDを中心に投資を行なっていますが、CFDを行なっていることでFXで豪ドルの取引が増えたような気がします。
それは、CFDで金価格や原油価格を毎日見るようになったからだと思いますが…

関連記事
9割の敗者と1割の勝者の投資の世界
FXや株など投資で勝つ人と負ける人の特徴とは?投資で勝つために必要な要素はこれだ!
株式投資を始める際に重要な買い方と売り方と心構えなど勉強すべきこと

スポンサーリンク

豪ドルとは?

オーストラリアドル(以下豪ドル)は、FXで取引される通貨のひとつです。
通貨のボラリティー(流動性)も高く、何といっても高金利が魅力です。

高金利

それでは、何故オーストラリアの金利は高いのか?

オーストラリアは、石炭や石油などの鉱物資源を豊富に保有する資源国であり、鉱産物などの輸出で商品輸出全体の60%以上を占めており、一次産物が主力となっています。

そのため、原油価格や金価格など資源価格(物の物価価格)に強く影響を受けます。

また、オーストラリアの主な輸出国は、日本や中国などのアジア諸国であり、アジア諸国の経済に強く影響を受けます。

最近では、中国やインドの経済成長が伸びているので、中国やインドの経済成長と豪ドルは密接な関わりがあります。
インドや中国などの新興国が成長を続けると、石油や石炭の需要が拡大するので、物価が上昇していきます。

そうなるとお金をたくさん払わないとモノが買えない状態(インフレ)になってしまい、国全体で資金不足になってしまいます。

そのため、海外から資金を流入させるために、金利を高くすることで、海外から資金を集めているのです。
そのため、豪ドルの金利は高いのです。

最近の豪ドルの傾向

最近では、FXなどで世界の投資家から資金が流入してくるので、豊富な資金で堅調にオーストラリアの経済が成長しています。

豪ドルが資源価格と強く関わっているということで、資源価格が一旦上昇すると海外の投資機関や大口の投資家がいっせいに買い注文をいれるので、為替レートも大きく上昇する傾向にあります。

そのため、大きく変動する(ボラリティが高い)通貨というのも人気です。

豪ドルの5年間の推移
豪ドル5年間の推移

実際にこの5年間で約56円から約106円のと50円も変動がある通貨は豪ドルくらいです。

現実的ではないですが、仮に56円の時に10万円分の豪ドルを購入していたとすると…500万になっているという。。。。

まぁ、現実的ではありませんけどね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。