アルバイト、インターン!新卒で就職する際に有利になる大学の時に頑張るべきこと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このブログの新着記事

このブログの新着記事

このブログの新着記事

ビジネスマン 学生

どうも、こんばんわ、
ブログ主の黒いりんご(glory820)です。

web広告業界で働く前から言われていたことですが、大学院でバイオテクノロジーを学んでおきながら、今は大学で学んだこととは違う業界で働いていて何で聞かれることが多いです。

確かに、周りの同期も化学系や食品系、製薬系と学部に合う企業を受けていることもあり、自分が採用などの際に自分と同様の履歴を見ても何でなんだろうと思います(ちなみに採用試験の時にはほぼ100%聞かれてきたことである)。

それが悪いことではないとは思いますが、社会に出てからの道筋をしっかりしないと転職や就職するってことは難しいのだと思います。

自分の中でも大学院(バイオテクノロジー)から新卒での投資メディア運営会社の例では異色に思われることも多いですが、その後の投資メディア運営会社→SEO会社→アドネット広告&アフィリエイト会社の流れでは、それほど聞かれることはありませんでした。

それは見るだけでその流れが把握できることことであるからであり、異色の流れの場合には目に見えない把握できない部分があるからだと思います。その目に見えないことを伝えれられれば、問題はないわけです。

そこで、感じるのは。。。

目に見える価値を作るってことは社会に出てから大事。

でも、目に見えない価値も同じくらい大事。

学生の時には目に見えない価値を作る機会が多くなので、目に見えない価値を作っていった方がいいと思います。

大学や大学院で学ぶことでの価値っていうのは自分で作ることだと思うし、その後の価値を作るのも自分次第だと思います。自分自身、大学院の時の経験は知識以外にも役立ている部分も多くあります。

そこで、今回は社会人になって感じる学生時代のうちにやっておいた方が良いことをまとめてみました。

関連記事
大学にいた時、学生とは違う?社会人になって女性にモテる人の4つの条件
これから、就職する学生は必ず読んで欲しい。新卒就活で内定をもらうために意識してほしい大事な4つ
責任感?お金や時間の使い方?どっちが楽しい?学生と社会人の大きな4つの違い

スポンサーリンク
広告336280




学生時代のうちにやってた方が良いこと

お金を稼ぐことがわかるアルバイト

アルバイト経験

お金を稼ぐことが経験できるアルバイトは学生の時にできる重要な社会人経験となります。

実際にアルバイトで働く環境では、年齢は様々であり、学生だけではなく正社員やフリーター、パートなどいろんあバックグラウンドを持った人たちと過ごすことができ、上下関係や社会のルールを学ぶことができます。

また、お金を稼ぐことでできることが多くなるので、必ず、行うべきです。

実際に社会人になった時のイメージができるインターン

学生時代 インターン

就職活動が始まる大学3年時期には、各企業でインターンを募集し始めるので、参加してみましょう。

実際に就職活動が始まるときにインターン経験は役立つことが多く、更には入社する前から外面からではわかりにくい会社内の事情がわかることは貴重です。

更に、インターンの仕事ぶり次第で、そのまま内定ということもあるかもしれません。

自分の価値観の向上として旅行

学生時代 旅行

社会人になると学生の時と比べて、当たり前ですが、自由な時間が少なくなってしまいます。

ですので、時間がある学生時代のうちに自分が知らない土地に旅行に行き、自分の価値観を上げてることは人間的な成長につながります。

知らないものを知るということは、時間があるときでしかできません。社会人になり、少しの間は仕事で余裕がなくなりがちですので、学生時代のうちに行きたいところには行っておくべきです。

自分の社会価値の向上として資格取得

大学 資格 勉強

社会人になると、学生時代にやってきた経験を踏まえて仕事のスタートとなるので、仕事に関係する仕事をもっているとそれだけで他の人よりも有利に立てます。

また、基本的なビジネススキルのエクセルは営業でも事務でもどんな職種でも使う機会が多いので、学んでおくべきスキルです。

できれば、学生時代の内に英語を学んでおくと、社会にでてからの仕事の幅は大きく広がります。

スポンサーリンク
広告336280




広告336280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする