ブログを収益を得るための方法②アドネットワーク広告

アドネットワーク広告

こんにちはアナザースカイ(h_anazawa0203)です。

今回は休みということでブログの更新が多くなってますが、実は簡単にブログ更新ができるような方法を身に着けたので、ブログの更新が進んでいます。
この方法についても、ブログ記事で書かせていただきます。

前回のアフィリエイト広告に続いて、次にアドネットワーク広告についてご説明いたします。

アドネットワーク広告

アドネットワーク広告とは以前にもこのブログにてご説明いたしましたクリック型報酬広告の配信方法の1つとなります。

まずネットワークという名前がつくくらいですので、ネットワークを中心とした広告が配信となります。
スマートホンサイトやPCサイト、アプリ等、媒体運営者がアドネットワーク広告と契約することで、広告配信可能な媒体を集めたネットワークを作ります。

そのネットワークに広告を流す事をアドネットワーク広告と言います。

今回は報酬を得るという意味でのアドネットワーク広告の説明となるので詳しいしくみなどのご説明については別の機会にご説明させていただきます。

アドネットワーク広告を始めるためには?

アドネットワークの配信をするためにはアドネットワーク広告社と契約を結ぶことが第一ステップとなります。
アドネットワーク社と契約することで、広告を流す広告枠を作成することが可能となり、その広告枠がクリックされることでサイト運営者は報酬を得ることができます。

アドネットワーク広告を提供している会社は下記のような会社があります。

①忍者AdMax(株式会社サムライファクトリー)

http://www.ninja.co.jp/admax/

②nend(株式会社ファンコミュニケーションズ)

http://nend.net/

③アイモバイル(i-mobile)

http://www.i-mobile.co.jp/

アフィリエイト広告のの違い

クリック課金ということで、収益を得ることはアフィリエイトに比べてハードルは低くなりますが、クリックで得られる単価は一般的に2円~10円となります。(もちろん、それ以上のクリック単価も存在はしますが。。)

そのため、サイトのアクセス数の増加など広告をクリックしてもらえる機会が増えれば増えるほど、報酬も上がっていきます。
ですので継続的にアクセス数が多いサイトやアプリであれば安定して収益を上げることも可能となってます。

広告の内容としては、アフィリエイト広告が口座開設やカード発行などの内容が多いことに比べて、アドネットワーク広告はアプリのインストールなどのやや成果に至りやすい内容のものが多い傾向にあります。

それは現在のweb環境下で、スマートフォンでwebを使う人が増えてきていることも要因だと思われます。

また、アフィリエイト広告との違いは成果報酬ということもあるのですが、アフィリエイト広告がその広告の内容を自分で決めることができるので対して、アドネットワーク広告はその広告枠の場所を設置するという意味合いの契約となるので、その広告内容は配信先の広告会社によって管理されています。

配信としては、アドネットワーク会社がメディアとの登録の際に登録してもらった登録内容を確認し、その内容に沿って最適だと思われる広告配信します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。