初心者からベテランまで稼ぎ易いGoogleアドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このブログの新着記事

このブログの新着記事

このブログの新着記事

Google  adsense

こんにちはブログ主の黒いりんご(glory820)です。

このブログで先日書いた記事も徐々にアクセス数が増えてきて好調です。
失恋ソング.netは今だに日々アクセスを増やしています(下の画像です)。

日々のアクセス

アクセスも日に日に増えて、Googleアドセンスの収益も増えて来ています。

ということで本日はGoogleアドセンスについて書きたいと思います。

スポンサーリンク
広告336280




Google adsenseとは

Google adsenseは以前にも話ししたアドネットワーク広告と同じようなクリック課金型の広告となります。

本ブログや失恋動画サイトに関しても、アドネットワーク広告と同様にGoogle adsenseが主な収入源となってます。

Google adsenseは、アドネットワーク広告のクリック単価が平均約9円というような単価のものに対してGoogle adsenseは1円から1000円以上とクリック単価の幅が広くなっています。所感での話ですが、平均クリック単価が30円ほどになるケースが多いので収益を得やすくなっています。

ですので、一般的に初心者からベテランまで稼ぎ易い広告モデルとなっています。

Google adsenseのクリック単価の違いというのは広告の種類などによりますが、例えばクレジットカードや債務整理等といった内容の広告に対しては収益が高くなっています。

広告の内容はサイトの内容にマッチング

Google adsenseを貼るということは、アドネットワーク広告と同じようにその広告枠を運営サイトに貼るということになります。

そしてその広告枠にGoogleと契約した広告主の広告が出るわけですが、表示される広告というのはその契約したサイトページにマッチングしたものが出るということになります。

ですので、クリック単価が高い広告内容にマッチングするコンテンツ内容にしておけば、広告枠に収益が高い広告内容が表示されやすくなり、クリックされた時に収益が高くなる傾向があります。

そのため、広告内容のジャンルをある程度はコントロールできるという点ではアドネットワーク広告とは少し違いがあります。

Google adsenseは規定が厳しい

このようにGoogle adsenseは収益性が高い広告モデルですが、世界のGoogleが提供している広告ということで他のアドネットワークやアフィリエイト広告とは違って厳しい査定などがあります。

例えば、クリック率を上げるために、その広告をクリックさせるような文言をサイトに入れたり、その広告を誤クリックさせるような位置に広告を置いたり、アダルトサイトに表示させる等の禁止事項行った場合にはアカウント事態が失効してしまいます。

Googleのアカウント登録する際には、現在住所などの個人情報入れるため、一度アカウントが失効してしまうと引っ越しするなどで現在の住所が変更されない限りは新たなアカウントを作ることができません。

ですので、一度アカウントを作成し、Google adsenseを配信する場合には、不正な行動をせず、Googleの規約に沿って広告を開始していくことが重要となります。

スポンサーリンク
広告336280




広告336280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする