矢沢あいの急病から8年。NANAは22巻はいつ再開?最終回は?病気の状況は?

NANA

どうも、おはようございます。
ブログ主の黒いりんご(glory820)です。

最近ですが、自宅のマンションの近くにあったブックオフが閉店しているのに気が付きました。
また、さらによく行っていた訪問先のブックオフも閉店していたので、結構ショックを受けています。。

調べて見たら、今年の3月をめどに20店舗も閉店しているみたいですね。

ブックオフ、直営20店舗を閉鎖へ

近くのブックオフが閉店してしまったので、売ろうと思っていたNANA1巻から12巻はオークションで売ることになりました。
誰か、欲しい人いたら、連絡ください。

ってことで、オークションで売れるまで、久しぶりにNANAを読んでます。

関連記事
明稜帝梧桐勢十郎を書いたかずはじめは、女性漫画家でジャンプの編集長の瓶子吉久と結婚していた!
人気漫画モテキやフィギュア漫画ユーリで2chでも話題の女性漫画久保ミツロウとは?
実写化映画やアニメ化もしたマガジンで人気だったシュートを書いた漫画大島司はどんな漫画家?

スポンサーリンク

今回の記事【矢沢あいの急病から8年。NANAはいつ再開?最終回は?病気の状況は?】の目次

今回のブログ記事の目次

NANAとはどんな漫画?

NANAの主人公の2人。大崎ナナと小松奈々

映画版のNANAのキャストや感想について

アニメ版のNANAはどこが最終回?続きは?

矢沢あいさんとはどんな方なのか?

矢沢あいさんは、どんな病気なのか?

現在のNANAと22巻と続きについて

追記

気になる矢沢あいのNANAなど無料で人気漫画が読み放題です。詳細は画像をクリック↓↓

nana 矢沢あい

NANAとはどんな漫画?

矢沢あい NANA

東京に住む彼氏と同居するため上京する小松奈々、ミュージシャンとして成功するため上京する大崎ナナ、出身地は異なるが同い年の2人のNANAは新幹線の中で出会った。その後、ひょんなことから奈々とナナは同居することとなる。さらに、ナナの所属するBLACK STONESとナナの恋人の本城蓮が所属するTRAPNEST、2つのバンドのメンバーたちを交え物語は進んでいく。

引用元:NANA – ウィキペディア

NANAは2000年から『Cookie』(集英社)にて連載がスタートし、ティーンエージャーを中心として人気を博し、今では矢沢あいの名作漫画となっています。

現在は単行本として21巻まで販売されておりますが、2009年から作者の矢沢あいさんが病気療養により、2017年現在未だにCookieでの再開や単行本22巻の発売が止まっています。物語としても、NANAの恋人の蓮が交通事故で死んでからのクライマックスに近い展開で連載がストップしているので、読者としては再開が待ち望まれています。

ちなみに知っている人も多いかと思いますが、中島美嘉が主演でNANAは実写化され、映画も2部作放映されました。

詳しくはコチラにどうぞ。

NANA online

NANAの主人公の2人。大崎ナナと小松奈々

大崎 ナナ

大崎ナナ NANA

1981年3月5日生まれ。NANAの主人公であり、人気バンドのブラックストーンズ、ブラストのボーカル。

母親が行方不明になってしまったため、過去には祖母と暮らしていたが、祖母の死去により、家族と呼べる人は誰もいなかった。

東京行きの新幹線の中で運命的に小松奈々(ハチ)と出会い、一緒に住むことになる。

上京したことで、恋人であった人気バンドの本城蓮とよりを戻し、婚約するが、蓮が交通事故で死んでしまったため、失意に落ちている。

性格は、 キレやすく、男勝りでおるが、容姿は整っており、美人。また、過去には母親に捨てられたことから、所有欲は非常に強い。

本編の数年後は経歴は不明だが、イギリスで歌を歌って過ごしている模様。

小松 奈々(ハチ)

小松奈々 ハチ NANA

1980年11月30日生まれ。 NANAのもう1人の主人公でおり、犬みたいということで、ナナやブラストのメンバーからはハチと呼ばれるようになる。

元々ファンであったトラネスのタクミと関係を持ち、その後、ブラストのノブと付き合うが、妊娠していることが発覚してタクミと入籍した。夫はトラネスのタクミ、母親、父親に姉、妹の三姉妹と普通の家族構成。旧姓は小松(こまつ)。

過去には結婚している男性と不倫をしていたり、上京の理由となった章司が浮気をして別れるなど、作中でもトップクラスの波乱万丈の恋愛遍歴。

性格的には恋愛遍歴からもわかるように天真爛漫であり、我儘であったが、未来のシーンでは皐月、蓮の二人の子供がいることがあり、しっかりとしたお母さんになっている。

【NANAの登場人物】人気バンド、ブラスト、トラネスのメンバー

高木泰士(ヤス)

ヤス NANA

人気バンドのブラストのリーダーであり、ドラム。

幼い頃は児童養護施設で過ごし、その際にレンと出会い、兄弟のように過ごしていた。その後、高木夫妻に引き取られて、中学では生徒会長、高校でバンドを続けながらも、大学は地方の国立大学に進み、在学中に司法試験に合格する経歴。

見た目はスキンヘッドにサングラスであるが、性格的には、ナナ、ブラストや周りの人からの信頼も厚く、優しい性格をしている。また、ブラストのリーダーであることもあり、冷静沈着。

高校時代にはレイラと付き合っていたこともある。また、作中でも、何度か描写があるが、賭け事が好きである。

寺島伸夫(ノブ)

NANA ノブ

1981年1月23日生まれ。ブラストのギタリストであり、作曲も担当している。

家庭環境や境遇が複雑な他のブラストのメンバーとは異なり、寺島旅館の一人息子のおぼっちゃま。同じ中学の先輩であるレンの影響でギターを始め、高校でナナと出会い、ナナとレンの出会いのきっかけとなる。

ナナが上京したことで共に上京し、ルームメイトのハチと付き合うことになるが、ハチとタクミの関係を疑ってしまい、別れてしまう。その後、同じ事務所のAV女優の百合と付き合う。

性格的には、素直で真面目。未来では、ブラストの活動ではなく、実家の旅館で働いている。

岡崎真一(シン)

矢沢あい nana シン

1985年11月1日生まれ。脱退したレンの後に加入したブラストのベーシストである、スウェーデンのハーフの少年。

母親は自殺して、父親、兄からは冷淡な扱いをされているなど複雑な環境で育つが、家を出て、体を売って生きていくことになる。レイラとも初めは仕事として会っていたが、次第に本気になって行く。

ブラストの全国公演の際に大麻(マリファナ)所持の疑いで、逮捕されてしまい、ブラストは活動停止となってしまう。

性格的には、クールな一面がある反面、年相応の子供っぽい部分も目立つ。

未来では、引き続き、四海コーポレーションで芸能活動を行い、連続ドラに主演するほどの俳優となっている。

芹澤レイラ(レイラ)

NANA レイラ

1978年11月1日生まれ。トラネスのボーカリストで、公表していないが、アメリカ人と日本人のハーフである美しい容姿とトラネスを人気バンドに押し上げた歌唱力を持っている。また、作詞も担当している。

小学生からのタクミの幼馴染であり、幼い時から恋をしているが、現時点でも付き合った時はない。高校時代にはヤスとも付き合っていたが、破局している。

ふとしたきっかけで、出会ったシンと恋愛関係になっていくが、レンとのゴシップ記事が出たことにより、関係が悪化していく。

仕事上では、しっかりとして近寄りがたいイメージだが、実際には子供っぽい性格をしている。

本城蓮(レン)

nana レン

ブラストのナナの恋人であり、トラネスのギター、作曲担当。

元々は、ブラストのベースであったが、トラネスのメジャーデビュー前に引き抜かれている。
生まれてすぐに港の倉庫に捨てられて、児童養護施設にてヤスと育つ。

自身が所属するトラネス、恋人のナナとの間での苦悩から薬物に手を染めることになり、マリファナ、コカインを使用してしまう。

薬物依存が進んでおり、薬物を辞めさせるための時間をレンに与えるため、トラネスメンバーと揉めて地元に帰ってしまったレイラを迎えに行く際に交通事故死してしまう。

性格的には穏やかであるが、時折、周りを驚かすほどのボケをすることもある。

一ノ瀬巧(タクミ)

タクミ NANA

1977年12月12日生まれ。トラネスのベースであり、プロデューサーを務める、トラネスのリーダー。

他のメンバーとは異なり、認知度が低いため、トレードマークの長い髪を切ることを事務所から止められている。

小学生の時からレイラは幼馴染であり、ヤス、ナオキは中学が一緒である。中学時代は家庭環境から荒れていたが、成績などは良いなど何でもこなせてしまうタイプ。姉に面倒を見てもらっていたことがあり、シスコン。

トラネスの他のメンバーと違い、頭が切れるタイプであり、仕事もできるので、トラネスのトラブルもタクミにより解決されている。

奈々と結婚して、未来では皐、蓮の父親になっているが、奈々と皐を日本に残し、ロンドンで蓮と住んでいる。離婚しているかなどは不明。

藤枝直樹(ナオキ)

ナオキ NANA

ヤス、タクミとは中学の同級生であるトラネスのドラマー。タクミと同様にメンバーでの人気はなく、トラネスの金髪の人と世間で認知されている。

性格的には、非常に明るく、ムードメーカー的存在であるが、少しバカな面もある。金髪など派手なことが好き。奈々と同じように普通の家に生まれている。

未来では結婚しているのか桃ちゃんという娘がおり、タクミと同様にロンドンで暮らしている。

映画版のNANAのキャストや感想について

矢沢あい NANA 映画

ナナ役として中島美嘉、奈々役として1では宮崎あおい、2では市川由衣が出演しています(個人的には宮崎あおいの方が役にはあってると思いますが。。)

1での内容は1巻から5巻15話辺りまでの内容です。ナナとレンが再開して復縁する辺りまでの内容で1だけみているとハッピーエンドで終わりです。

BLACK STONESのメンバーもヤス役に丸山智己、ノブ役に成宮寛貴、シン役には松山ケンイチ。

TRAPNESTのメンバーはレイラ役に伊藤由奈、レン役に松田龍平、タクミ役に玉山鉄二、ナオキ役に水谷百輔と今考えると豪華なキャスト陣。

両バンドのボーカルが実際の歌手であることで、中島美嘉のGLAMOROUS SKYが主題歌、伊藤由奈のENDLESS STORYが劇中歌として使われ、日本レコード大賞をとるなど、当時は良くかかっていた曲となります。

ある意味名場面の幸子の「わざとだよ」もしっかりと実写化されてます。
幸子役のサエコが結構可愛かったりします。

矢沢あい NANA 幸子 わざとだよ

2は内容としては、5巻から10巻辺りまでの内容です。ハチが妊娠してナナと一緒に住んでいた家を出て行き、ナナとレンの熱愛スクープでブラストがゲリラライブをするところで終わりです。

出演キャストも1と比較して奈々役の宮崎あおいから市川由衣と同様で何人が入れ替わりました。シン役が松山ケンイチから本郷奏多になり、レン役も松田龍平から姜暢雄に変更になりました。

個人的には、ノブ役の成宮寛貴、シン役は本郷奏多で、レン役はイメージ的には松田龍平の方が合ってるかなって思います。

NANA3については、NANA2の興行収入が低かったことで製作はないらしいので、漫画を読んでいる人にとっては映画版は少し微妙な終わり方を向かえています(これなら、1で終わりにしておいた方が良かったですね。)

これなら、続編のNANA3も出して、しっかりとしたエンディングにして欲しかったですね。

アニメ版のNANAはどこが最終回?続きは?

アニメ版 NANA

原作から映画にもなったNANAですが、もちろん、アニメ化もされ、2006年4月5日から約1年ほど放映されました。

アニメでの内容は、ブラストがデビューし、最終回はハチの結婚2週間前の多摩川の花火大会となっています。劇場版と同じような部分の11巻までの内容が最終回となりました。

「ファーストシーズン 最終回」となっていましたが、残念ながら、矢沢あい先生が病気により長期のお休みに入ってしまいましたので、今までセカンドシーズンが放映させることはありませんでした。。。。残念!

ブログ主の個人的には単行本9巻、16巻、18巻に収録されている、ナオキ、ノブ、タクミの番外編もアニメ化してもらいたかったところです。

矢沢あいさんとはどんな方なのか?

NANA 矢沢あい

さて、NANAの作家の矢沢あいさんは、実際にはどのような人なのか。

矢沢あいさんは1967年3月7日に兵庫県で生まれた少女漫画家となります。

漫画家としては1986年にりぼんで掲載されたあの夏でデビュー。代表的な漫画となるNANAをクッキーで連載して、第48回小学館漫画賞を受賞。その後、2009年6月28日に急病と言いうことでクッキーで連載していたNANAの連載を休載しています。

矢沢あいと言う名前は、自身が好きな矢沢永吉の苗字を使ったものと本名である愛をひらがなにしたものとなっています。

Googleで矢沢あいさんを検索すると出てくることが多いのですが、猫好きであり、自宅にも多数の猫を飼っていることでも有名です。

また、ヴィヴィアンウエストウッド好きであることも有名であり、本人も新作が出ると購入していたというのは有名です。

そのため、劇中のNANAの中でも、ヴィヴィアンウエストウッドのアイテムが数多くでできます。ナナが身につけているアーマーリングは知っている方も多いのではないでしょうか。

アーマーリング

NANA アーマーリング

オーブライター

NANA オーブライター

この作者の矢沢あいさんですが、NANAの他にも成宮や栗山千秋が出演した「下弦の月: ラスト・クォーター」「Paradise Kiss」「天使なんかじゃない」を執筆しています。

最近では死亡説が出ているようなので、ちょっと心配です。

矢沢あいさんは、どんな病気なのか?

矢沢あい NANA

さて、NANAの作者の矢沢あいさんですが、実際にどんな病気なのかというと一部週刊誌によると婦人系の病気らしく日毎に体調が良い時もあれば悪い時もあるなどの状況だそうです。

しかし、これも週刊誌の情報となるので、確実な情報であるかは不確定であるので、本当のところは何も分かりません。

2015年でも執筆ができていないということで、まだ完全な回復というのは見込めていないようですが、下記の項目でもあります様に、クッキーでおまけの付録が出るなど少しずつですが、矢沢あいさんの体調は回復してきているのでしょうか。

現在のNANAと22巻と続きについて

NANA 名言

上記でも書きましたが、現在は作者の矢沢あいが病気療養で休んでいるので、NANAは休載となっています。

そのため、最新巻の21巻から2009年に発売されてから単行本も休載となっています。
最近では作者の矢沢あいが2013年1月に復帰したとのニュースも見ましたけど、22巻は出ることがあるんでしょうか。。。

21巻では、蓮がナナと暮らしていた倉庫に車ごと突っ込んで死んでしまいますが、その影響でBLACK STONESのボーカルのナナもTRAPNESTのボーカルのレイラも歌が歌えなくなってしまいます。そんな展開の中、未来の描写も入るので、物語が大きく変化を迎えるタイミングで連載が休載しているので、NANA愛好家にとっては続きが気になるところです。

ちなみにcookieでは単行本の少し続きを書いているので、22巻の内容は若干わかっているのですが、読者も今後の展開が気になるところです。

矢沢あい先生には、早く完全に復活してもらい、なんとかNANAを完結してもらいたいとを願っています!

追記

nana

2015年8月14日現在も正式にNANAが正式に復活というニュースは入っていませんが、クッキーではNANAの付録がつくなど、NANA関連の情報は以前よりも出てきている感じがします。

2015年1月26日

クッキー3月号で、45枚超ボリュームのNANAメモパッドが付録となっています。

2015年3月26日

クッキー5月号で、マスクケースが付録となっています。

2015年5月26日

クッキー7月号で、ブラックストーンズマグネットが付録となっています。

2015年7月25日

クッキー9月号で矢沢あい先生の描き下ろしのイラストが書かれた一筆箋が付録となっています。

2016年9月号の女性誌ROLA

雑誌内にて「バイブルは矢沢あい」と特集が組まれました。

矢沢あいのNANAや天使なんかじゃないなど無料でマンガが読めるマンガZEROなら、多くの人気漫画が読み放題です。クリックして確認してみてください↓↓

矢沢あい nana

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。