SNSを辞めて大きく変わった有意義な5つのメリット

シェアする




時間 使い方

どうも、こんばんわ。
ブログ主の黒いりんご(glory820)です。

最近、ほとんどtwitterでのつぶやきもないほど、毎日が詰め込まれていますw

予定とタスクが詰まっているので、SNSに触れる機会が減ったのですが、SNSサービスなしでの生活も何も不自由しないことがわかったので、この機会にSNS離れをしています。

ということで、twitter含めてSNSを辞めて良かった4つのことをまとめてみました。

関連記事
DMMが格安スマホ端末(Dモバ)をリリースしたので契約を!
仕事の時間効率化に最適!仕事のタスクを管理や整理するのに最適なwebツールとアプリ
知性のある男女は格好良い!知的と思われる人が持っている5つの特徴




SNSサービスを使わなくなって感じる4つの大きなこと

仕事に集中できるようになった

仕事 集中

SNSを利用していた時には、フォローしている人や友達が投稿すると気になってしまい、スマートフォンを見てしまうことが多かったのですが、SNSを辞めた後は気が楽になり、仕事に集中できるようになりました。

また、誰かが投稿するごとになっていたスマホの通知もなくなったことで、日常でスマートフォンを気にする機会が減りました。

時間を別のことに有意義に使えるようになった

時間の有効活用

今までは移動時間や待ち時間が少しでも時間があるとスマートフォンで何気なくSNSを見る機会が多かったのですが、現在は時間があると読書をしたりするなど別のことに時間を使えるようになりました。

ふとスマートフォンを見ていてこんなにも時間が過ぎていた!と言うことも多いので現在は以前よりも有益に時間を使えています。

今では通勤時間に読書をするようになり、今年は既に3冊も本を読んでいます。

他人の投稿見て気分が落ち込まなくなった

落ち込まない

SNSの投稿を見ていると知りたくもない情報を確認してしまう機会があり、そのような予期せぬことで落ち込んでしまったり、気分が良くなくなってしまうことがありました。

さらに一度気になってしまうと、気になって仕方がない性分であるので、集中力も途切れがちでした。

しかし、SNSを辞めたことで、このような投稿にそもそも触れる機会がなくなったので以前よりも気分が落ち込まなくなり、気分よく毎日を過ごしています。

大切な友人だけが残る

大切な友達
SNSを辞めることでSNSだけでの薄い人間関係がなくなるので、本当に大切な人だけがあなたの周りに残ります。

SNSで話すよりも、実際に顔を見てコミュニケーションを取った方が楽しいですし、信頼関係は強くなると思います。

SNSだけの薄い関係って、後々考えると悲しくないですか?

Posted from するぷろ for iOS.