実写化映画やアニメ化もしたマガジンで人気だったシュートを書いた漫画大島司はどんな漫画家?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このブログの新着記事

このブログの新着記事

このブログの新着記事

大島司 シュート

どうも、ブログ主の黒いりんご(glory820)です。

前回のブログ記事で自分がマガジンを購入し始めた時期のことをウィキで調べて懐かしんでいます。

ブログ主がマガジンを購入し始めた時期は長期連載していたシュートの連載が終わった時期だったので、大島司のシュートは自分の中でも特別な作品だと思います。

ということで、前回の久保ミツロウに引き続き、シュートを執筆した漫画家の大島司についてまとめてみました。

関連記事
人気漫画モテキやフィギュア漫画ユーリで2chでも話題の女性漫画久保ミツロウとは?
明稜帝梧桐勢十郎を書いたかずはじめは、女性漫画家でジャンプの編集長の瓶子吉久と結婚していた!
矢沢あいの急病から8年。NANAは22巻はいつ再開?最終回は?病気の状況は?

スポンサーリンク
広告336280




シュートを執筆した大島司はどんな漫画家さん?

大島司 シュート

プロフィールとしては1970年生まれの本名は大島佳子と公表されています。出身はシュートの舞台になった静岡県掛川市。

大島司と男性の名前のペンネームはなっていますが、実は久保ミツロウと同じく女性の漫画家さんとなります。

漫画家としては、初期は恋愛漫画を書いていましたが、アクションシーンを描くことが好きであったことで、次第に執筆する作品もスポーツものとなっていきます。

女性を隠していた理由としてはサッカー漫画が女性だと世間から敬遠されると思い、連載中は男性としていたそうです。

漫画家としての経歴としては、代表作としてのシュートでデビュー。シュートの連載が終わった後にも、テニスやバレーの漫画など連載をしています。

代表作のシュートはどんな漫画?

大島司 シュート大島司の代表作のシュートは、1990年から2003年までの長期連載していた人気サッカー漫画となります。

全4部作となっていて、1巻から33巻の天才久保が死んでから冬の総体で優勝し、ユース合宿に招集されるまでが、1部。

主人公の田仲が、のちのゴールデントリオとなる平松と白石と出会う中学生時代を描いた5巻の2部。

新1年生を加えて新体制で夏のインターハイを目指す中、田仲が新しい武器ファントムドリブルを完成させ、宿敵である藤田東をやぶり、インターハイ出場を決める12巻の3部。

もう1人の主人公の伊東ヒロ率いる久里浜とのインターハイ決勝を戦う16巻の4部となっています。

本格的なサッカーの試合の場面だけではなく、随所に主人公の田仲とヒロインの一美の上手くいかない恋愛模様があったりとサッカー以外の部分でも楽しめる部分もあります。

物語の終盤には実在する選手の小野伸二や高原直泰も登場しますw

実はSMPA主演で実写映画化もしていたシュート

大島司 シュート 実写

SN3K0213

このシュートですが、実は今は解散してしまったデビューしたてのSMAP出演で実写化もされています。

主人公の田仲俊彦役を中居正広、久保嘉晴役を木村拓哉、馬堀圭吾役を稲垣吾郎、白石健二役を脱退した森且行、神谷篤司役を草彅剛、平松和広役を香取慎吾が演じています。ちなみにヒロインの遠藤一美役には水野美紀。

その他にも、V6の井ノ原や長野、友情出演としてKinKi Kidsも出演しています。

あらすじとしては、ややネタバレとなってしまいますが、主人公のトシが掛川高校に入学して、上級生との試合を経て、県予選に出場することになるが、予選で天才サッカー選手久保嘉晴が亡くなり、その悲しみを超えて、決勝の藤田東戦を戦うという内容です。

デビュー当初ということで、今のSMAPの演技力は全く感じられない内容ですw

シュートのアニメ版

大島司 シュート

もちろん、実写版だけでなくアニメ化もしていて、アニメ版の映画も放映されました。原作とはいくつか異なる点があり、タイトルに蒼き伝説とついていることやキャラクターの設定も少し異なっています。

原作では、高校に入学して初めて出会うヒロインの一美が、ゴールデントリオと幼馴染であるないようになっていたり、原作では不良であるのに対して、アニメでは不良でなかったりと違いがあります。

内容としては、原作の1部の23巻の前山工業戦辺りまでの内容となります。

シュートの原作の続き?マラカナンの伝説

マラカナンの伝説 シュート

原作では2010年のワールドカップでドイツを破り、ベスト4になるところで終了したシュートですが、マガジンでは読み切りとして、2014年のブラジルワールドカップの内容が描かれています。

内容としては、2014年のブラジルワールドカップの決勝戦日本VSブラジルの前日の話となっています。物語は、田仲を中心ではなく、代表に招集された掛川高校の背番号10番の渡辺瞬を主人公として背番号10番のことを語る内容となっています。

シュートの世界の中でも高校時代から時間が経っていることもあり、主人公であるトシが一美と結婚してレアル・マドリードで得点王になっていたり、健二もトシの姉である夏子と結婚して3人の息子がいたりと変化があります(和広だけ何もそこら辺は変化なし)

帝光の岩上がA代表のキャプテンであったり、恩田がサイドバックになっていたり、ジョージ光岡がブラジルの10番になっていたり、ラモス瑠偉がモデルのアモス励が日本代表の監督になっていたりと時代の変化を感じます。

シュート以外の漫画としては?

大島司 アタック 漫画

シュートのイメージが強い漫画家の大島司ですが、シュート以外にも週刊少年マガジンでテニス漫画の「STAY GOLD」や週刊コミックバンチ、漫画アクションで連載しているバレー漫画のアタック!!を書いています。

STAY GOLDは小学生のところに主人公の佳山大介が世界トップレベルの選手であるヒットマンに憧れ、強力なフォアハンドである弾丸フォアを武器に小学生のトーナメントでは世間を賑わすが、肘を故障してしまい、完治するまでサッカーに転校する。肘が完治した高校から、再度サッカーからテニスに復帰し、廃部寸前のテニス部に入部するというストーリー。大島司の漫画の中でも全3巻と短いタイトルとなっています。

アタック!!は優れた運動センスを持つ主人公の加藤晴鷹がバレー部のマネージャーである小林舞子と出会い、天才セッター金子裕太に対抗意識をいただきつつ、バレー部に入部するというストーリー。漫画の舞台も静岡の掛川高校とシュートと同じ静岡を舞台にしており、登場人物の恋愛模様も多かったりします。

このアタック!!はコミックバンチで連載していましたが、大島司さんが体調不良で2度休載している間にコミックバンチ自体が休刊してしまったため、約5年間は連載がストップしていましたが、2015年2月から漫画アクションで連載を再開しました。

シュート マラカナンの伝説などのような人気漫画が読み放題の こちらのアプリ なら、多くの人気漫画が読み放題です。クリックして確認してみてください↓↓

マラカナンの伝説  読みたい 無料

スポンサーリンク
広告336280




広告336280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする