ぽっこりお腹のお肉が気になるあなた!気になるお腹周りを超簡単に基礎代謝アップさせ、痩せさせる有効な方法

お腹 簡単 ダイエット

ふとある日、自分のお腹だけ出てきたなと感じたときはありませんか。
顔や二の腕、足などはそこまで太っていないのに、お腹だけ出ているのって格好悪いですよね。

指で摘まめるお腹のお肉をダイエットで減らしたくないですか?

この記事を書いているサイト管理者も30歳を超えて、不規則な生活をしている影響でややお腹だけが出てきて焦っています。

ぽっこりお腹を効果的に痩せさせるためにはどうしたら良いか。

それは、腹式呼吸などお腹を意識して動かすことです。

普段の私たちは何も意識しないとろっ骨を使って呼吸をする胸式呼吸を行っていますが、お腹を使うことで横隔膜を上げ下げすることで呼吸をする腹式呼吸はお腹を痩せさせるのに効果的な方法です。

ダイエットには食事管理はもちろんですが、エネルギーを消費する基礎代謝を上げることも非常に重要です。

夏のために楽して痩せたい?食事制限、家で運動など誰でも経験するダイエットが失敗する根本的な原因

スポンサーリンク

今回の記事【ぽっこりお腹のお肉が気になるあなた!気になるお腹周りを超簡単に基礎代謝アップさせ、痩せさせる有効な方法】の目次



今回のブログ記事の目次

気になるぽっこりお腹をすっきりと解消するために

ぽっこりお腹の原因は姿勢が悪くて腹筋力がないから?

ぽっこりお腹は健康に悪影響を及ぼす

冷え性の原因

便秘

太りやすくなる

ぽっこりお腹を解消して、ダイエットを成功させるために

人間のお腹に脂肪が集中するその理由とは?

内臓脂肪、皮下脂肪?男女でつきやすい脂肪の種類が違う?

内臓脂肪とは

内臓脂肪が多くなることでリンゴ型肥満と言われる?

リンゴ型肥満の人の健康的なデメリット

内臓脂肪のデメリット① 高脂血症の原因

内臓脂肪のデメリット② 高血圧の要因

内臓脂肪のデメリット③ 糖尿病の原因

皮下脂肪とは

代謝率を上げて、ぽっこりお腹を腹式呼吸で簡単に解消?

ダイエットに効果的な腹式呼吸のやり方

腹式呼吸のメリット

インナーマッスルを刺激して基礎代謝の向上

副交感神経を活性化することでリラックス

便秘の解消

腹式呼吸を効果的にサポートしてくれ、ダイエットに最適のVアップシェイパー

Vアップシェイパーがお腹を引き締めてくれる理由とは?

気になるぽっこりお腹をすっきりと解消するために

ぽっこりお腹の原因は姿勢が悪くて腹筋力がないから?

お腹 ダイエット 猫背

気になるぽっこりお腹の原因が、あなたの普段の日常生活での姿勢に関係している可能性があります。

あなかの普段の姿勢ですが、デスクワークが多く、前かがみになっていることが多くありませんか?

あなたの普段の姿勢は見てみてください。

猫背になっていませんか?

猫背など姿勢が悪い人は、背骨が曲がっているケースが多いので、内臓を支える筋力が弱くなってしまい、腸を含めた内臓全体が下がりやすくなってしまいます。

そのため、行き場のない内臓全体が下腹部へ移動してしまい、結果としてぽっこりとお腹が出ている状態になってしまいます。

実は、ぽっこりお腹の原因は筋力の低下による内臓の低下、内臓下垂が原因だったのです。

ぽっこりお腹は健康に悪影響を及ぼす

ぽっこりお腹 デメリット

見た目が悪いぽっこりお腹ですが、見た目が悪いだけでなく、あなたの身体に悪影響も与えます。

冷え性の原因

ダイエット 冷え性

内臓が下に落ちることでそれを支えている筋肉に負荷がかかってしまうので、血行が悪くなってしまい、冷え性の原因になります。

また、お腹周りの筋肉が弱いことで、基礎代謝も落ちているので、熱を生み出すということができません。

便秘

ダイエット 便秘

内臓全体が下に落ちてくるので腸よりも内臓が腸を圧迫して腸の働きを阻害して便秘になりやすくなります。

便秘になることで、内臓下垂によるぽっこりだけでなく、便秘によるぽっこりも更に発生して、よりぽっこりお腹になってしまいます。

太りやすくなる

ダイエット 太りやすくなる

冷え性やお腹周りの筋力の低下により、基礎代謝が低下しているので、食べ物を摂取した後のエネルギーを消費できずに身体に脂肪として蓄えやすい体質になってしまいます。

さらに、人間の身体は冷えから体温を維持するために脂肪を蓄積するので、冷え性の影響でますます脂肪が付きやすくなって、痩せにくく太りやすい体質になってしまいます。

ぽっこりお腹を解消して、ダイエットを成功させるために

簡単 ダイエット ぽっっこりお腹

見た目だけでなく、健康的にも悪影響を与えるぽっこりお腹ですが、同様に解消すればよいのでしょうか。

ぽっこりお腹はお腹周りの筋肉が弱まってこと内臓が落ちることが原因であるので、内臓が下に落ちないようにお腹周りの筋肉を強くすること、インナーマッスルを強くすることが、ぽっこりお腹の根本的な解決になります。

インナーマッスルを鍛える方法としては、ドローイン(腹式呼吸)が有効です。

さて、お腹周りに効果的なドローイン(腹式呼吸)をご紹介しようと思いますが、その前にきちんとお腹に脂肪がつく仕組みを理解するようにしましょう。

効果的にドローイン(腹式呼吸)でのダイエットを行うためには、まずは自分の体のことを知ることが大切です。

人間のお腹に脂肪が集中するその理由とは?

お腹 簡単 ダイエット

人間の身体は、自分の身体で最も動きの少ない部位にエネルギーとなる脂肪を蓄えるようにできているので、意識していないと頻繁に動かないお腹は脂肪がたまりやすくなります。

その中でも下腹部が運動不足などで筋肉が詰まっていない場合には、緩んだ部分に脂肪がたまりやすくなってしまいます。

さらに、人間は体を動かすことで代謝力を高めることで脂肪を燃やしますが、年齢を重ねてくると筋肉量が減り、代謝能力が低下してくるので脂肪を燃やすことができなくなってきます。

その状態であるのに、私たちの食生活、すなわち食べる量が変わらなければ、摂取したエネルギーの方が消費エネルギーよりも多くなってしまいますので脂肪となって蓄積してしまいます。

また、女性の場合には年齢が増えていき、更年期を迎えると筋肉量が減るだけでなく、コレステロールを増やして女性ホルモンを増やそうとする身体の仕組みがあるため、お腹に脂肪が付き、ぽっこりお腹になってしまうのです。

内臓脂肪、皮下脂肪?男女でつきやすい脂肪の種類が違う?

簡単 ダイエット ぽっっこりお腹 脂肪

実は男性と女性ではお腹につきやすい傾向の脂肪が異なっています。

男性の場合には、内臓脂肪がたまりやすく、女性の場合には皮下脂肪がたまりやすい傾向にあります。

内臓脂肪とは

ダイエット 内臓脂肪

内臓脂肪とはその文字通り、内臓の近くにたまる脂肪です。

内臓脂肪は食べ物から摂取したエネルギーが消費されずに保存された脂肪であるので蓄積はしやすいですが、消費エネルギーが多くなると消費されるので減らしやすい脂肪としても知られています。

男性がこの内臓脂肪がたまりやすいのは、男性ホルモンが内臓脂肪を溜める働きがあるからとなります。

内臓脂肪が多くなることでリンゴ型肥満と言われる?

りんご お腹 肥満 内臓脂肪は文字の通りに内臓周りに溜まる脂肪と説明しましたが、その働きとしてはエネルギーがなくなった時に使える非常用のエネルギーであったり、内臓を体外から保護したり、体温を維持するなどの働きがあります。

このような働きがある内臓脂肪ですが、このようなメリットの部分は適度の脂肪量の場合であり、多く蓄えすぎてしまうと私たちの健康面でのデメリットの方が多くなってしまいます。

内臓脂肪はお腹の皮の下にある皮下脂肪とは違って見た目からではわかりにくいので、隠れ肥満の言われれる要因となります。

多く蓄えすぎた内臓脂肪は私たちのお腹を大きくし、いわゆる肥満体型となってしまいます。

あなたの近くにもいませんか?
お腹を中心にして上半身に脂肪がついている上半身肥満の人?

このような体型の人はリンゴ型肥満と一般的に言われ、ウエストが男性の方で85cm、女性の方で90cmを超えると内臓脂肪が原因での肥満と判断されています。

リンゴ型肥満の人の健康的なデメリット

リンゴ型肥満 ダイエット

リンゴ型肥満の人は、外見的なデメリットだけではなく、健康的なデメリットも多くかかえてしまいます。

・高脂血症の原因
・高血圧の要因
・糖尿病の原因

内臓脂肪のデメリット① 高脂血症の原因

リンゴ型肥満 ダイエット 高脂血症

内臓脂肪には代謝を活性化するアディポサイトカインというホルモンを分泌することにより、皮下脂肪と比較して体内で消費しやすくなっています。

しかし、内臓脂肪が蓄積してくるとアディポサイトカインの分泌が異常になってしまい、多くの脂質が血液中に流れてしまいます。

その結果、血液中にコレステロールや中性脂肪が多くなってしまい、高脂血症の原因になってしまうことが多くなってしまいます。

内臓脂肪のデメリット② 高血圧の要因

リンゴ型肥満 ダイエット 高血圧

内臓脂肪が増えると、その脂肪によって内臓や血管が圧迫されてしまうので、血圧が上がってしまいます。

前述でも書きましたが、アディポサイトカインの異常分泌により、血管中に流れ始めた脂肪が血液中の血小板を凝集してしまい、その結果、生まれてしまった血栓により、血管の流れを悪くしてしまうことで高血圧の原因を作ってしまいます。

また、後述でも詳しく書きますが、内臓脂肪が多い人は血糖値も高く、血液がドロドロしてしまうので高血圧である傾向があります。

内臓脂肪のデメリット③ 糖尿病の原因

リンゴ型肥満 ダイエット 糖尿病

アディポサイトカインのうちの1つであるアディポネクチンにはインスリンの働きを活性化する働きがありますが、内臓脂肪が多くなることでアディポネクチンの分泌が低下してしまい、血糖値を下げるはずのインスリンの働きが弱まり、糖尿病の原因を引き起こしてしまいます。

また、内臓脂肪が増えることでインスリン作用を邪魔するTNFα(ティエヌエフアルファ)という物質の分泌が多くなってしまい、アディポネクチンの機能低下と重なり、血糖値の上昇を引き起こしてしまいます。

皮下脂肪とは

皮下脂肪 ダイエット

皮下脂肪も、文字の通りに皮膚の下の部分に蓄積する脂肪です。
もしも、あなたのお腹を摘まんでわかるものが皮下脂肪となります。

皮下脂肪は、消費されなかった脂肪が蓄積されて消費できなかったものであるので内臓の近くにある内臓脂肪と違って減らしにくい特徴があります。

女性が皮下脂肪が付きやすいのは、皮下脂肪には体温維持や内臓を外からのダメージから守る働きがあるので、女性の身体の中でも重要な部位である子宮や卵巣を守るためにつきやすく体の仕組みがなっています。

お腹に溜まった脂肪を効果的に落とすためには腹式呼吸が効果的です。

代謝率を上げて、ぽっこりお腹を腹式呼吸で簡単に解消?

ダイエット 腹式呼吸

腹式呼吸を行うことは、胸式呼吸と比較してインナーマッスルを使用するので、基礎代謝を高められ、ダイエットで効果的だと知られているので、最近ではドローイングダイエットとしても注目されています。

ダイエットに効果的な腹式呼吸のやり方

ダイエット 効果的な腹式呼吸

ここまで、腹式呼吸がダイエットに効果が良いとお伝えいたしましたが、どうすれば、腹式呼吸になるのかをご説明します。

腹式呼吸は文字の通り、お腹を使って呼吸するので、腹式呼吸を行うとお腹が膨らんだり、凹んだりします。腹式呼吸の方法としては、口で呼吸をするのではなく、鼻で息をして口から息を吐くことを心がけましょう。

具体的な方法としては、まずは、背筋を伸ばして口から何もでなくなるまで息を吐きましょう。

何もでなくなるまで、息を吐くとあなたのお腹は凹んでいるはずです。その状態になったら、鼻から息を大きく吸い込むことで、お腹は膨らむはずですので、その状態になったら、10秒ほど止めます。

その後は、口から息を吐き出す、これを繰り返すのが、腹式呼吸となります。

この腹式呼吸ですが、1日に5分間でも行うと効果があると言われています。

腹式呼吸のメリット

ダイエット メリット 腹式呼吸

腹式呼吸などお腹を意識して動かすことが、効果的にぽっこりお腹のダイエットに効果が良いとされていますが、具体的に腹式呼吸は私たちの身体にどんな影響を与えてくれるのでしょうか?

この腹式呼吸を行うことで、私たちの身体に下記のような効果をもたらせてくれます。

  • インナーマッスルを刺激して基礎代謝を上げる
  • 副交感神経を活性化して、リラックス効果
  • 便秘の解消

インナーマッスルを刺激して基礎代謝の向上

インナーマッスル 基礎代謝 ダイエット腹式呼吸を行うことで、胸式呼吸では刺激されない腹直筋、外腹斜筋、腹横筋、内腹斜筋などのインナーマッスルを刺激することができます。

横隔膜、インナーマッスルが刺激されることで体内で消費するカロリーが多くなります。また、体内に酸素を多く取り入れることで、内臓も活発となり、基礎代謝の向上につながります。

基礎代謝が上がることで体温も上がり、血行も良くなるので、脂肪燃焼のダイエット効果や冷え性の解消にもつながります。

副交感神経を活性化することでリラックス

インナーマッスル リラックス ダイエット

腹式呼吸は横隔膜を上下することで行われる呼吸なので、横隔膜が上下することで、横隔膜の近くにある内臓を動かし、副交感神経系を刺激します。

副交感神経系は、私達の身体をリラックスさせる効果のある自律神経の1種であるので、この神経系が刺激されることで、ストレスの軽減や精神の安定をもたらせてくれます。

便秘の解消

便秘解消 ダイエット

便秘の原因としては、お腹の筋肉が弱っているからというのが、理由の1つとなります。

上記でも説明しましたが、腹式呼吸を行うことで、お腹周りのインナーマッスルを刺激して鍛えることができるので、便秘解消にも繋がります。

また、腹式呼吸で内臓を刺激することで大腸も刺激されるので大腸の働きを活発化して、便を押し出す働きも促進されます。

腹式呼吸を効果的にサポートしてくれ、ダイエットに最適のVアップシェイパー




このドローイングダイエットを効果的にサポートしてくれるのが、Vアップシェイパーとなります。

このVアップシェイパーですが、着けるだけでお腹を意識させるつくりになっていて、Vアップシェイパーをつけてエクササイズすることで何もつけない時と比べて2倍も腹筋に与える影響が違うなどお腹を痩せさせることに非常に効果的です。

上記でも説明しましたが、お腹が出てしまう人の特徴として、長期間椅子に座っている人や猫背の人など姿勢が悪い人が多くなります。

理由としては、姿勢が悪いことで腹筋に力が入りにくくなるので、お腹周りの代謝が低くなりがちで、その結果として脂肪がつきやすくなってしまいます。

しかし、Vアップシェイパーをつけることでぽっこりお腹を引き締めてくれるだけでなく、姿勢も良くしてくれますので、ただ痩せるだけではありません。

着るだけ、ぽっこりお腹をくびれさせ、猫背で姿勢が悪い背中を真っ直ぐにしてくれ、着用を継続することで、腹筋が鍛えられるので姿勢も良くしてくれます。

Vアップシェイパーがお腹を引き締めてくれる理由とは?

ダイエット Vアップシェイパー 効果的

人間の姿勢を正しくしてくれて、お腹を引き締め痩せる効果があるVアップシェイパーですが、その秘密はVアップシェイパーの生地にあります。

Vアップシェイパーが作られている特殊な生地は、強力な締め付け効果があるので、腹直筋、外腹斜筋、腹横筋、内腹斜筋をしっかりと刺激してくれます。

Vアップシェイパーは560デニールという厚さの糸を使って作られています。

1デニールは、9000メートルの糸の質量をグラム単位で表したものである。

ですので、デールの数字が大きいほど糸が太く、締め付け感が強くなりますので、一般的な女性のタイツが80デニールに対して、560デニールというのがどれだけ締め付け感が強いかはわかると思います。

更に、この560デニールの生地でできた縦と横の生地で2重でできており、お腹の余分なお肉をしっかりと掴み弛ませません。裏地にも凸凹にも秘密があり、この凹凸がお腹の皮膚をひっかりと捉えて腹筋を刺激してくれます。

ぽっこりお腹をスリムにしてくれるVアップシェイパーが購入できるのはこちら↓↓↓



スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。