あらすじネタバレ注意!ラストピリオドのキャラクターユニットを勝手にwiki的紹介してみる。

ラストピリオド 攻略 キャラ

ブログ主のアナザースカイ(Another_sky820)です。

最近は、土日に、スタバでブログを書くことが日課になっています。ブログを書く際に音楽を聞きながら、スマホゲームを休憩がてらやりながらの更新になっているので、

ということで、今回は勝手にwiki的にラストピリオドのキャラクターを勝手にまとめています。

関連記事
【ストーリー&キャラ解説】ブレスオブファイア歴代シリーズを攻略した感想と口コミ評価のまとめ
エミュレータで攻略!スーファミ神ゲー、名作ソフト40個、勝手にランキング一覧!
エミュレータで攻略もオススメ!PS2名作ゲームソフト40個を勝手にランキングでまとめてみた!

スポンサーリンク

主要キャラクター

アーク・エンド第8支部

ハル

ラストピリオド ハル

本ゲームの主人公である14歳の少年。アンダンテというスパイラルを浄化できる一族の故郷に生まれたが、故郷がスパイラルの襲撃により、壊滅してしまった。

この事件で、同じ故郷出身のちょこに助けられ、自身を救ってくれたちょこを今度は助けるために、一緒に旅をすることになる。アーク・エンド第8支部にて、遂にピリオドとなった。

性格的には大人しいが、ゲーム中だとリーザに好意を持たれるなど、美味しいポジションだが、ゲーム中のキャラクターだと使われることが少ない不遇のキャラになっている。

ちょこ

ラストピリオド ちょこハルと同じアンダンテ出身のメインヒロインの女の子。性格的には無口で、食欲旺盛であり、マイペースであるが、自身が苛つくとずびしと相手を突く癖がある。

ネタバレになってしまうが、実はアンダンテの事件にてハルを救うために禁術を使ったので人間ではなく、スパイラルとなっている。人間に戻れる方法を探すのがハルの目的となっている。

リーザ

ラストピリオド リーザ

アーク・エンド第8支部のピリオドであり、ハルよりは若干先輩。元々、ブラッドレルムの名家に生まれたが、家を飛び出して、ピリオドとなった。

勝ち気な性格をしており、お嬢様育ちのため、ガジェルとは何かと喧嘩して、アイスエッジを発動している。ふとしたきっかけでハルに好意を持つようになる。典型的なツンデレタイプ。

ガジェル

ガジェル ラストピリオドハル、リーザと同じアーク・エンド第8支部のピリオド。アニマルレルムのモレパラファミリーの族長の息子。

ブラッドレルムの十輝石のサファイアの大ファンであり、月刊マジョマジョが発売されると毎回カピカピになるまで読んでいる。サファイアのファンであるので、部屋にも青いものだらけとなっている。また妹のミモザが大好きなシスコン。

カンパネルラ

カンパネルラ ラストピリオド

アーク・エンド第8支部のピリオドであり、ハルたちの先輩。ヒューマレルムと思いきや実はスカイレルムにとっては、侮辱的な小さな翼が生えているスカイレルム。

美人としても有名であり、他のピリオドや研修生からも人気となっている。ちなみにどうでもいいが、ブログ主の中では、一番好きなキャラクター。

エーリカ

エーリカ ラストピリオド

アーク・エンド第8支部を統率するリーダーのピリオドであり、戦闘能力としても朱鬼(アカオニ)として恐れられている実力を持つ。現在、ユーザーの中では左手がない隻腕疑惑がたっているがその真相は????

過去にはジレッドを振ったことがあったり、妹分であるロラと一緒に暮らしていたり、自警団ディセンバーのボスと袂を分かつなど、意外に謎が多いキャラクター。

ジレッド

ラストピリオド ジレッド

ハルと同じアンダンテの出身であり、実績も残している本部所属のエリートピリオドの兄貴分。

過去には同期であったエーリカに振られている。物語の途中にて、恋人?のココットが死亡してしまったことで、ココットを蘇生のために、スペアレルムに協力することになる。

ノイン

ラストピリオド ノイン

ジレッドと一緒にピリオド本部からやってきたドジっ子少女。

実は本部のピリオドの経歴はスペアレルムのスパイであったために嘘の経歴であり、ちょこの秘密も知っており、ドジっ子の性格も演じていたものだった。

ヒューマレルム

ヒューマレルムは、六大国の1つの中でも最大の人口数となっている。国王は、フィオ(フィオラ・ヒューマレルム・エストリア)。

ハルたちが所属するアークエンドもこのヒューマレルムに属している。アニマルレルム、ブラッドレルムと友好的であり、好戦的なスペアレルムとは敵対関係にある。

フィオ

ラストピリオド フィオ

17歳という若さでヒューマレルムの国王を引き継いだ少女。本名はフィオラ・ヒューマレルム・エストリア。黒獅子のアーサーは幼い時から一緒に過ごしてきた相棒。

父である先代の国王が拳王だったのに対して、彼女は剣王であり、剣の腕は天下一品。その実力で、国王であるが、戦いの最前線に立つことも多い。

性格的には自由奔放であり、ふとしたきっかけでハルのことを気に入る。

ゼクス

ラストピリオド ゼクス

国王フィオの専属護衛も行っていた王国騎士の中でもトップクラスの実力を誇る。

強敵との戦いを求める戦闘狂であるので、王国騎士の仕事を放棄することもあり、問題児としても知られている。幼いことから知っているフィオのことは姫王と呼ぶ。

実は虫が大嫌いであり、虫を持ったフィオに追いかけられた過去から、フィオに弱みを握られている。

アフェロラ

アフェロラ ラストピリオド

国王フィオの義理の姉。先代の王である拳王に引き取られた身元など詳細は全く不明の女性。王位継承の争いに参加することなく、王家から失踪していたが、現在は王の警護をしている。

性格的には、自由奔放のフィオの面倒を見てきたしっかり者。暗闇では歩けなくなってしまうほど極度の暗所恐怖症。

アニマルレルム

アニマルレルムは、獣人の国である六大国の1つ。各部族が存在し、精霊王が国を統一するまでは各部族での争いが絶えなかった。

現国王は、精霊王。各地方は、各部族の長が管理している。国土の一部がスペアレルムに植民地化されているので、スペアレルムとは関係地が良くない状況。

精霊王

精霊王 ラストピリオド

先代の王が統括していた際には、各部族での争いが絶えなかったが、3代目の王になると1年でアニマルレルムをまとめあげた白虎の獣人であり、現国王の精霊王。

性格的には、細かいことにはこだわらない豪快な性格であるが、切れ者でもある。腕っ節の強いアニマルレルムをまとめ上げただけあり、戦闘力も非常に高い。

ネロ

ラストピリオド ネロ

アニマルレルムの中でも圧倒的な実力を誇るということで伝説となっている獣人。精霊王とも戦ったことがあると知られ、未だに決着が済んでいないほどの実力。

本来だと、異なる種族の血縁である混血種だと純血種には力は劣るとされているが、隔世遺伝で混血種でもあるにも関わらずに高い戦闘能力を持っている。

スペアレルム

スペアレルムは、六大国の1つであり、兵器の開発も頻繁に行っている軍事国家であるので、機械的な文明の発達も多いは、他の国に較べて閉鎖的になっている。

レベルVのスパイラル「冬将軍」の影響で国土は凍り、食糧難が続いている。そのため、東西南北のエリアに軍姫という将軍を配置して、食糧不足に悩むスペアレルムの食料確保のこともあり、植民地として領地を拡大している。

現在の国家としての実権は軍部の大総統が持っている。北部に隣接する大国のスカイレルムとは仲が悪い。

バルザック

ラストピリオド バルザック

スペアレルムの南方エリアに配置されている巡洋艦シュトロムのカリスマ的艦長。

性格的にはキレやすいなど好戦的だが、ファンクラブが存在するほどの可愛らしい小さな容姿と船長としての統率力でスペアレルムの領地拡大には非常に貢献している。

オルデン

ラストピリオド オルデン

スペアレルムの西エリアに配置されている軍姫。隣接するアニマルレルムの植民地を管理している。

優れた政治手腕を持ち、優秀な軍の指揮官として、アニマルレルムとの交易を友好的にして、スペアレルムの食料確保を行っている。コスプレイヤーでもある。

バーナー

ラストピリオド バーナー

スペアレルムの東エリアに配置されている沿岸防衛を務める軍姫。スペアレルムを悩ませているスパイラル「冬将軍」を討伐することをメインとしている。

見た目でわかるように非常に暑がりであるため、極寒の地で知られるスペアレルムでも、水着姿となっている。対冬将軍用の武器として火炎放射器を持っている影響も関係しているのか???

ワルキューレ

ラストピリオド ワルキューレ

スペアレルムの北エリアに配置されている飛行部隊ワルキューレの司令官を務める軍姫。

スペアレルム本部の大総統と喧嘩をしたり、命令には従わないなど、軍事会議は代理として副官のヘンリーに任せるなど自由気ままでマイペース。自分の身体の質量をコントロールでき、攻撃無効化するなど戦闘力についても優れている。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">