【ラスピリネタバレ注意!】ラストピリオド1章~3章までのストーリーあらすじまとめ【祝アニメ化】

シェアする




ラストピリオド ちょこ ネタバレ

どうも、ブログ主の黒いりんご(glory820)です。

お盆期間ですが、実は5連休ということがあり、のんびりと過ごしていわけですが、ゲーム三昧の5連休になりそうです。スマホゲームで同時に行ってるゲームはFFレコードキーパー、パワプロ、星ドラ、遊戯王と現在でも多くのゲームをしています。

そんな中でリリース当初から欠かさずに毎日やっているハッピーエレメンツのラストピリオドで5連休を費やしています。

そんなラストピリオドとはどんなゲームなのかを前回はキャラクターの紹介をしたので、今回はストーリーの紹介となります。

関連記事
あらすじネタバレ注意!ラストピリオドのキャラクターユニットを勝手にwiki的紹介してみる。
【攻略&キャラ解説】PS2のカルドセプトセカンドエキスパンションを勝手に語ってみる
【ストーリー&キャラ解説】風来のシレンの不思議なダンジョン歴代シリーズをスーファミ、DS、64で攻略した感想と口コミ評価のまとめ




【ネタバレ注意!】ラストピリオド1章から3章までのあらすじ

ラストピリオド1章 ストーリーあらすじ

ラストピリオド 1章 ネタバレ絶望と共に死んだ人間がスパイラルとなって転生するそんな世界、38回もピリオド認定試験に落ち続けた主人公のハルは何とかピリオド見習いとなり、なんとかアークエンド第8支部に所属となります。

ピリオドとは、この世界でスパイラルを討伐する者となります。 ピリオド以外の人間がスパイラルを倒してもスパイラルは復活しますが、レガリアを持つピリオドがスパイラルを倒すと浄化され、二度とスパイラルは復活しません。二度とスパイラルにならないように終止符(ピリオド)を打ってあげる存在となります。

ピリオド認定試験を終えて、外に待っていたのは、同じ故郷からやってきた幼馴染のちょこ。
明日からピリオド見習いとして、働くことになったハルはちょことアークエンド第8支部の宿舎に向かうのでした。

ラストピリオドの物語はここから始まります。

ピリオド見習いとしての初の仕事に遅刻してしまったハルは上司であるエーリカに特訓を受けて、先輩ピリオドであるカンパネルラと初めての任務に向かうことになります。カイマン温泉の発生したスパイラルをカンパネルラと討伐していくハルですが、ハルはアンダンテの出身であり、レガリアがなくてもスパイラルを浄化できたのです。

なんとか、カイマン温泉のスパイラルを全て片付けたハルですが、自分の力がピリオドとしては、足りないことを実感するのでした。

同じアンダンテの出身であり、ハルの兄貴分のジレッドが本部からアークエンド第8支部に来たことで久しぶりの再会となります。ジレッドは本部に所属するエリートピリオドとなっていました。

ジレッドと再会したハルは、自分のアート(スパイラルを使役)を手に入れるために、ジレッドと冒険に出ますが、スパイラルに襲われている女性ココットと出会います。ココットは弟に会う目的でヴァルタ湖に行くことを知り、アートを手に入れる道中で一緒に進むことになります。

自分のアートを使役することに成功したハルは、ヴァルタ湖に到着します。ヴァルタ湖は自殺の名所となっていて、近辺のスパイラルの発生源となっていました。また、ココットの弟も1年前になくなっていたのでした。スパイラルを討伐したハル達は、ココットから今日が命日であったためにヴァルタ湖に来たことを知るのでした。

自分のアートをミウと名付けたハルは、工業都市レイルズに次の任務として行くことになります。今回の任務では、長期任務であり、同期であるアニマルレルム出身のガジェルとブラッドレルム出身のリーザとの同行になります。

スパイラルを倒しながら、工業都市レイルズにある第4支部についたハル達は運ぶはずであったレガリアがスパイラルに襲われてしまったことを知り、レガリアの捜索隊に加わることになる。負傷したガジェルを置いて、行方不明になってしまったレガリアを探すハルとリーザですが、精神干渉してくる未定型のスパイラルと遭遇しますが、苦戦の末にスパイラルを倒すことに成功します。しかし、結局レガリアは見つからず、新人だけの任務は失敗に終わりました。

次の任務は、リーザと上司であるエーリカと一緒に、先日に行方不明になっていた未調査のレガリアが流れたと噂のあるブラックマーケットの捜索となりました。目的地である古都ホープレスの壁外区画、通称零番街に到着するとスパイラルに遭遇しますが、難なくスパイラルを討伐するとエーリカと過去に一緒に暮らしていた西の自警団ディセンバーのロラと会います。

ロラから奪われたレガリアの在り処が東の自警団オーガストのところであると知ります。以前にはある程度の仲を保っていたディセンバーとオーガストですが、オーガストのリーダーが変わってから、勢力が拡大してディセンバーも困っている状況になっていたのでした。

多くの人々を巻き込み起きた爆発は目的であった未調査のレガリアの影響であった。目的であったレガリアが爆発してしまったことで、多くの被害を出しながらも任務は終了となりました。

慌ただしく目覚めた、ある日ですが、同居人であるちょこの姿がありません。慌てたハルは街にちょこを探しに行きますが、街には普段現れないスパイラルに溢れていました。スパイラルの討伐をエーリカとリーザに任せて、ちょこを探すハルですが、下水道でちょこを見つけます。ちょこは何かに呼ばれたとのことでした。今回の街にスパイラルが溢れているのは、ちょこが関係している可能性があるそうです。

ちょこを殺すこと、それが、スパイラルからの惨劇を食い止められる可能性。しかし、それができないから、別の方法を見つけるためにピリオドになった。それが、ハルがピリオドになった理由がわかるのでした。

ラストピリオド2章 ストーリーあらすじ

ラストピリオド 2章 ネタバレ

ホープレス市街に溢れ得た多数のスパイラルは大きな被害を出しましたが、ピリオドにより、なんとか沈静化。そして、ハーメルンと名のスパイラル操れる装置が下水道にあったことが明らかに。その装置は、東の軍事国家のスペアレルムの仕業である可能性が高いとのこと。

その頃、ハルはジレッドと共に本部から移動してきたエリートピリオドであるノインと会い、のノインと次の任務に向かうのでした。

前回のスパイラルの騒動で市街にもスパイラルが潜伏しているので、今回の目的地はワイマル病院の地下施設でのスパイラルの殲滅となります。エリートピリオドである圧倒的な実力のノインのおかげでワイマル病院でのスパイラルの殲滅に成功したハルでした。

ノインとの任務を終えてハルは久しぶりの休日をもらい、ちょこ、ジレッド、ノインとココットが働くニーア亭で食事をすることに。

しかし、看板料理で使うククリ茸が切らしていることでお店が開けられないことを聞き、ククリ茸を獲りに行くことになります。スパイラルと戦いながらも、大量のククリ茸を手に入れた一行はココットの美味しいご飯を食べて楽しく過ごしたのでした。

カンパネルラが同行でサウスボーンへ新人研修に行くことになったハルは、早く一人前のピリオドになるために旅立つことになります。サウスボーンの実践研修で周りの研修生に実力を見せつけるなど順調に研修を進めるハルは、ふとした偶然からカンパネルラの背中に小さな羽があること、実はスカイレルムであることを知ってしまいます。

研修を終えたハルは、小さな翼はスカイレルムでは侮辱の対象となっていること、そのことで翼を隠していることをカンパネルラとの秘密にするのでした。

研修を終えて宿舎に戻ってきたハルは、ホープレスにやってきているドロテアサーカス団の警備の任務にガジェルと入ることになります。ドロテアサーカス団では、スパイラルを人間に変えるという「神秘の秘宝」を持っていると知ったハルはサーカス団に興味を持つのでした。

サーカス団がある壁外区画にきたハルは、謎のご隠居と共にサーカス団が何かを企んでいるのを知ります。そして、ジレッド共にサーカス団について調べていくうちに、サーカス団への疑いは深まっていくのでした。

怪しさを増すサーカス団のショーに参加してしまったちょことノインを追いかけて、サーカスに入ろうとしたハルですが、サーカスの公演中にも関わらずにどこかへ行くサーカス団のプフリーム団長を見つけて後をつけます。しかし、不意の一撃で意識を失ってしまうのでした。

目を覚ますと、目の前にはサーカスで出会った謎のご隠居。謎のご隠居に助けられたハルは、サーカス団が既にこの地から去っていることを教えられ、サーカスを見に来た子供たちを連れ去ってしまったことを知ります。

逃げたサーカス団団長を謎のご隠居の協力もあり、連れさらわれた子供たちを取り戻すことに成功したハルですが、団長には不意をつかれた瞬間に逃げられてしまいます。逃げた団長は、団員であったカトリネル、ルンペルと謎の人物により、殺されてしまいました。

ラストピリオド3章 ストーリーあらすじ

ラスピリ 3章 ストーリーあらすじ

サーカス団の警備を終えたハルは、ヒューマレルムの王族から指名されたことで首都ワイズバリーへ行くことに。そこで、ヒューマレルムの王であり、姫王と呼ばれる剣王のフィオと出会う。

ワイズバリー遺跡の散歩で、フィオから謎のご隠居が先代の拳王であり、フィオの父であることを教えられ、フィオの剣の圧倒的な実力を目の当たりにする。先代の拳王からの手紙でハルのことを知ったフィオはハルを気に入ってしまい、王族警備の役割を任されてしまいます。

ハルがワイズバリーへ滞在して1週間、城を抜け出して街にきていたハルとフィオはワイズバリー遺跡でスパイラルを捕まえている密猟者と遭遇する。密猟者を捕まえ、ホープレスへ帰還が許されたハルだった。

アークエンドに戻ってきたハルは、ふとしたことから商店街主催のカップル限定スタンプラリーに参加することに。

同じくスタンプラリーに参加しているジレッドとココットとは違い、スパイラルの殲滅などおかしな課題をクリアしつつ、ゴールに向かうと、そこはホープレスの廃墟。実はハルとリーザはノインに遊ばれて、本当のスタンプラリーとは違う課題をしていたのでした。

第8支部の前で、ディセンバーのロラと出会い、壁外区画零番街にちょこと共に連れて行かれる。以前にも増してスパイラルの出現が多くなった零番街では、オーガストの影響でスパイラルが増えていた。

また、今までとは違いオーガストは、スパイラルをあやつり、ディセンバーに戦いを仕掛けてきており、戦いは日々激しくなっていた。何かにひかれて進むちょこと一緒に敵陣に入って行くハルはオーガストのメンバーがスパイラルを操る本拠地にたどり着く。

そこで、オーガストの古参であり、エーリカと互角に渡り合ったレーグニッツと遭遇。レーグニッツにより、スパイラルを操る腕輪は壊され、スパイラルの進行は止まった。

スパイラルを操っていた腕輪が止まってから眠ってしまったちょこを連れてディセンバーのアジトにたどり着いたハルはディセンバーのリーダーであるハクオウで出会う。

そして、最近の戦いでオーガストが街の人を殺し、殺した人間をすぐにスパイラルにしていると推測する。ディセンバー内に進入していたオーガストのフェリシアが、捕虜をビルトビルガーというナイフで切りつけると、捕虜がスパイラルになったことで、一同はオーガストがスパイラルを増やしていると確信するのだった。

逃げたフェリシアを追うロラとハルだったが、フェリシアはディセンバーの仲間を次々とスパイラルとしてしまう。仲間を倒せないロラの前に現れたのはエーリカ。エーリカの参戦で、一緒に派遣されたジレッドとノインの活躍でオーガストの勢力は次第に弱まっていった。

スパイラルの殲滅を目指し、ハル達アークエンド第8支部のメンバーはオーガストの本拠地に乗り込む。しかし、オーガストの本拠地には誰もおらず、大量のスパイラルのみが残されていただけだった。

スパイラルを倒していく中で、エーリカは傷だらけの瀕死のレーグニッツと再会。レーグニッツは今のオーガストの方針に疑問を持ち、今のリーダーに挑むが、敗れていた。

このままだとスパイラルになってしまうレーグニッツはエーリカにトドメを刺してもらおうと懇願するが、オーガストのユァンによってスパイラルにされてしまう。スパイラル化したレーグニッツを倒したハル達であったが、ユァンによってスパイラルに囲まれてしまった。絶体絶命であったが、ちょこの不思議な力により、スパイラルが浄化して助かるのであった。

この記事の続き
【ラスピリネタバレ注意!】ラストピリオド4章~6章までのストーリーあらすじまとめ

自主規制も多いこちらのアプリはラストピリオドと同じく人気があります。アプリ内では自主規制の部分もないので、楽しくゲームができると思います。