電子書籍でも見ることが多いアニメ化もしたエアギア、天上天下の作者である大暮維人とはどんな漫画家?

シェアする




エアギア ネタバレ

ブログ主の黒いりんご(glory820 )です。

山の日から連休に入り、ブログ主も山の日に入りましたので、夏休みの連休に入っています。31歳独身の寂しい夏休みは実家で漫画を読みながら、お酒を飲んで過ごすという寂しい夏休みとなっています。

実家では高校時代に買い漁ったマンガががっつりとあるので、部屋に篭ってマンガを読んでいるだけでも時間が過ぎてしまうことが多くなっています。

実家に帰って読み始めたのは、マガジンで連載していたエアギアです。

関連記事
【アニメ漫画ネタバレ】上条明峰SAMURAI DEEPER KYOのあらすじを勝手に最終話までまとめてみる
人気漫画モテキやトッキュー、フィギュア漫画ユーリで2chでも話題の女性漫画久保ミツロウとは?
実写化映画やアニメ化もしたマガジンで人気だったシュートを書いた漫画大島司はどんな漫画家?




エアギア、天上天下の作者である大暮維人とはどんな漫画家?

大暮維人 天上天下

大暮維人は、1972年2月に宮崎で生まれた漫画家となります。ペンネームの由来はオー、グレイト(Oh!Great) からとなっている。

代表漫画としては、天上天下、エアギア。元々は、青年マンガ(エロ漫画)を書いていたことで、天上天下やエアギアにもエロシーンが多くなっている。また、絵が上手い漫画としても知られています。

漫画となった経緯は、サラリーマン時代のパチンコでの借金返済のため、賞金目的として、元々、高校時代に美術部に所属していたことで漫画を書くようになった。

また、ヘビやフクロウなど珍しいペットを飼っている、高校時代から歴史が好きである、深夜に怪しい格好で歩いているために警察から職務質問を数回されるなどなど、少々変わっている部分もあるようです。

ウルトラジャンプで連載していた天上天下ってどんな漫画?

天上天下 エロ

大暮維人の代表漫画の1つである天上天下は、1997年にウルトラジャンプにて連載を開始した学園バトル漫画となります。2004年にアニメ化もされた全22巻。

内容としては、不良少年である凪宗一郎が武闘家の集う統道学園に入学するところから始まりますが、相手の異能を奪う龍拳を駆使する凪と正当な武道家である高柳雅孝の2人の主人公、過去、未来を見通す力を持つ龍眼を持つ棗亜夜、あらゆる気を中和するアマテラスの龍門をもつ棗真夜の2人のヒロインを中心に進んでいきます(個人的にはヒロインは真夜の方が良い、、、)

普通の純粋な格闘だけではなく、通常で見えないものが見える、肉体を支配する、相手の技術をそのままコピーするなど異能と呼ばれる超能力が絡んできます。

ウルトラジャンプということで、女性キャラのヌードシーンやレイプシーンなども多くなっています。もちろん、それ以外にも、ギャグなどのコミカルなシーンも多くなっている。

アニメ化もしたマガジンで連載していたエアギアってどんな漫画?

エアギア 漫画

大暮維人のもう1つの代表漫画であるエアギアは、2002年に週刊少年マガジンにて連載を開始したアクション漫画となります。全37巻。

ストーリーとしては、中学生である南一樹が、モーターを内蔵している特殊な靴であるエア・トレックと出会い、暴風族(ストームライダー)となり、暴風族ジェネシスと眠りの森との戦いに巻き込まれていく内容となっています。

物語の中で登場するエアトレックが大事なキーワードとなっていますが、エアトレックによって、空を飛べたり、世界で1つしかない玉璽(レガリア)だと炎を出したり、衝撃波を出したりと様々な特殊能力があります。

2017年9月現在では大暮維人の連載した漫画の中でも最も長期のタイトルになっています。天上天下と同じく本格的なバドルだけではなく、ギャグシーンやエロシーンなど様々なシーンがあります。

大暮維人のエアギアや天上天下などのような人気漫画が読めるこちらのサービスなら、多くの漫画を読むことが可能です。クリックして確認してみてください↓↓


エアギア マンガ