マガジンのエデンの檻やヤングマガジンで連載中のサタノファニの作者の山田恵庸はどんな漫画家?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このブログの新着記事

このブログの新着記事

このブログの新着記事

デストピア 漫画

どうも、ブログ主の黒いりんご(glory820 )です

実は先日にiPadを購入してiPadからの更新が増えていますが、まだ、なかなか慣れていないので、ブログの更新が滞っています。。。慣れると今までよりも高速でブログ更新出来そうな感覚もありますがw

ブログ更新の息抜きには相変わらずの電子書籍で漫画を読んで息抜きをしています。

今回はヤングマガジンで連載している山田恵庸のサタノファニを読み始めたので、山田恵庸がどんな漫画家なのかをまとめてみました。

関連記事
電子書籍でも見ることが多いアニメ化もしたエアギア、天上天下の作者である大暮維人とはどんな漫画家?
twitterや2chでも有名?福士蒼汰主演で実写映画化するブリーチの作者の久保帯人はどんな漫画家?
黒子のバスケ、ゴルフのロボレーザービームの作者の藤巻忠俊とはどんな漫画家?

スポンサーリンク
広告336280




エデンの檻やサタノファニの作者の山田恵庸とはどんな漫画家?

サタノファニ ヤングマガジン
山田恵庸は年齢は公表されていませんが、九州福岡県北九州市で生まれた漫画家となっています。

代表的なマンガとしては、週刊少年マガジンで連載していたエデンの檻、イブニングで連載していたDEATHTOPIA、そして、現在、週間ヤングマガジンで連載しているサタノファニ。

アシスタント経験としても、喰いしん坊!などのグルメ系マンガの土山しげるの元でアシスタント経験があります。

石動美依那(いするぎみいな)、切嶋カレン(きりしまかれん)など、マンガの登場キャラクターの名前も同じ名前を使用している事も描いているマンガの特徴となります。

 週刊少年マガジンで連載していたエデンの檻とはどんな漫画??

エデンの檻 ネタバレ
2008年から2013年まで週刊少年マガジンで連載していたエデンの檻は、サバイバルアクション漫画となります。全21巻。

漫画の内容としては、普通の中学生である仙石アキラ達の中学生達は修学旅行でグアムからの帰国の際に搭乗していた飛行機事故に見舞われて地図に存在しない島に墜落してしまう。不時着した島には絶滅したはずの動物が生息しており、サバイバル生活を送りながら、様々な謎を残す島を冒険することになる。ただ、冒険をするだけではなく、冒険の途中では生存者達の裏切りや仲間の死亡などサスペンス的な内容も含まれている。ネタバレになってしまうと、ラストの内容としては、まさかのアキラ達の冒険はアキラの母の夢という。。。。。

また、作者の山田恵庸の描く漫画では多くなっているが、登場するキャラクターのお色気描写も多く、特に第46話で登場したコトミの言葉は伏字なしで使用されたために2chなどネットでも話題になった。単行本では修正されています。

連載後期は話が急速に進んでいき、物語の謎もいくつか残したまま終了したのは残念なポイント。

 イブニングで連載していたDEATHTOPIA(デストピア)とはどんな漫画??

デストピア イブニング
エデンの檻の連載が終了後、イブニングにて2014年に連載が始まったデストピアは、サスペンスアクション漫画となります。2016年に連載を終え、全8巻となります。

交通事故の影響で眼に特殊な力を宿した少年藤村洸(コウ)が、チーターと呼ばれる異能者による犯罪を取り締まる警視庁の美女3人組と生活し、事件を解決しながら、自身の出生を知っていくサスペンスアクションとなっています。イブニングになったことで、エデンの檻よりも、お色気描写が増えていることも特徴の1つです。

登場する美女も如月結衣、八神早希、星宮舞夜など、性格も違うキャラクターなのも良いですね(ブログ主は星宮舞夜がお気に入り)エデンの檻で登場したCAの大森夏菜子やマッドサイエンティストの九重右弦が設定は違いますが、そのまま登場しています。

打ち切りで謎を残して終了してしまったエデンの檻とは異なり、物語で登場した謎も回収されたので、エデンの檻よりは満足感のある終わりとなっています。

 ヤングマガジンで連載中のサタノファニとはどんな漫画??

サタノファニ エロ
2017年からヤングマガジンで連載で連載を開始したサタノファニは、公式サイトにも記述がありますが、ヴァイオレンス、エロス、サスペンスをテーマとした漫画となっています。

ヤングマガジンに移ってきたことが影響かはわかりませんが、過去のエデンの檻やデストピアと比べてもアダルト要素は多くなっています。デストピアに続き、過去の作品のキャラクターが設定違いで登場しています(石動ミイナ、真里谷四郎、切嶋カレンなど)

内容としては、無意識のうちに男女5人を惨殺してしまった女子高校生である甘城千歌は孤島にある羽黒刑務所に収容され、そこで自身と同じ殺人中の記憶を失くすメデューサ症候群である8人の少女と出会う。羽黒刑務所ではメデューサ症候群の少女を利用した殺人実験が行われいたのだった。

スポンサーリンク
広告336280




広告336280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする