続きが気になるスラムダンクや連載再開が待たれるリアル、バガボンドの作者である井上雄彦とはどんな漫画家?

スラムダンク リアル 井上雄彦
どうも、ブログ主の黒いりんご(glory820 )です。

iPadでブログを書き始めて数日が経ち始めましたが、慣れると実はパソコンよりも早く記事を書けるのではないかと思いつつ、漫画喫茶で過ごす日々となっているつまらないブログ主の生活ですね。。。

既に最近のブログ記事も自分の読んだ漫画の備忘録みたいになっておりますが、今回はスラムダンク、バガボンドの作者である井上雄彦についてまとめてあります。
関連記事
新連載が気になる!アニメ化もされたブラックキャットや続編希望のToLOVEるの作者矢吹健太朗とはどんな漫画家? – グロリアス
電子書籍でも見ることが多いアニメ化もしたエアギア、天上天下の作者である大暮維人とはどんな漫画家? – グロリアス
twitterや2chでも有名?福士蒼汰主演で実写映画化するブリーチの作者の久保帯人はどんな漫画家? – グロリアス

スポンサーリンク

スラムダンク、バガボンドの作者の井上雄彦とはどんな漫画家?

スラムダンク 井上雄彦
井上雄彦は1967年に鹿児島で生まれた漫画家となります。代表作はスラムダンク、バガボンド、リアルなど。

スラムダンクの連載が始まった1990年まではそこまでバスケットボールの漫画がなかったが、爆発的ヒットとなった。その後もバスケット漫画としてbuzzer beaterやリアルを連載しています。

バスケット漫画を描き始めた理由としては、自身が高校時代に入部したことがきっかけとなっている。スラムダンクが大ヒットしたことで、スポーツ奨学金制度、スラムダンク奨学金を設立して、バスケットのプロを目指す高校生を支援している。

元アシスタントとして、キングダムの作者である原泰久。SNSでもやりとりがあるなど交流が深い。自身も上京当初はシティーハンターの作者である北条司の元でアシスタントをしていた。

ジャンプで大人気だった説明不要のバスケ漫画スラムダンクとはどんな漫画?

スラムダンク ジャンプ
1990年に連載が始まったスラムダンクは、当時の日本内ではそこまでバスケット熱は高くなかったが、連載が続いていく中で人気が増えて大ヒット漫画となった。

内容としては、湘北高校に入学した不良少年である桜木花道がバスケットボールを初めて、ライバルである流川楓などの仲間達と全国制覇を目指していくストーリー。物語はインターハイ2回戦で王者である山王工業を破って、そのまま回想で次の試合でボロ負けしたというと内容で終了となっています。

連載が終了した理由としては、作者の井上雄彦がこれ以上の面白い展開の試合が書けないという理由からとなっています。

アニメ化もされて、1993年から1996年の間にインターハイ出場が決まるまでの内容となっています。また、1994年から4度映画化もされています。ブログ主的には海南高校後に戦う緑風高校編が好きだったりします。

続編が気になるスラムダンクですが、現在のところでは、発行部数1億を超えた際の神奈川県三崎高校の黒板に描かれたスラムダンクあれから10日後のみとなっています。

38巻や連載再開に期待!バガボンドとはどんな漫画?

バガボンド モーニング
スラムダンクが終了し、1997年にモーニングで連載が開始したバガボンドは剣豪宮本武蔵を主人公とした歴史漫画となります。2017年10月現在もモーニングにて連載中。

佐々木小次郎が聴覚障害を持っていたり、武蔵の姉が描かれなかったりと、本当の歴史とはやや異なる描写となっています。

内容としては、3部構成となっており、武蔵(たけぞう)が宮本武蔵と改めて天下無双を目指し、剣の達人吉岡伝七郎や槍の名手胤舜などとの戦いが描かれる宮本武蔵編、耳が聞こえない中、剣のみで最強を目指して進んでいく佐々木小次郎編、そして、現在、連載である地上最強編となっています。*2017年10月現在

現在のところ、連載は休載と連載を繰り返しながら進んでおり、最新刊は37巻が2014年に出てから38巻は2017年も出ていない状況です。

連載再開が待ち望まれる!バスケ漫画リアルとはどんな漫画?

リアル 最新刊
1998年に週刊ヤングジャンプにて連載が始まったリアルはスラムダンクと同じバスケ漫画になりますが、スラムダンクとは異なり、車椅子バスケを題材にした漫画となっています。

2000年のバガボンドの大賞に引き続き、井上雄彦はリアルでも2001年に文化庁芸術祭漫画部門で優秀賞を受賞しています。

内容としては、戸川清春、野宮朋美、高橋久信の3人の主人公を中心に物語は進んでいきます。

このリアルもバカボンド同じく不定期連載が続いているので、最新巻14巻が2014年と15巻の発売が待ち望まれています。

Posted from するぷろ for iOS.

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。