実体験漫画や性同一性障害で話題!モデル、結婚など小西真冬はどんな漫画家?

小西真冬 漫画家
どうも、ブログ主の黒いりんご(glory820)です。

いつのまに仕事が忙しくなり、ブログ更新が途絶えておりましたが、11月も半分過ぎて、ここからしっかりとブログ更新しようと思っております!という決意をしつつ、漫画喫茶で漫画を読みながら、仕事をしつつ、ブログ更新しています(泣)

そして、息抜きにたまたま気になってしまった小西真冬のヤングエースUPの生まれる性別をまちがえた!を読んでいます。

関連記事
実は人気声優である高山みなみとも結婚していた!名探偵コナンの作者である青山剛昌とはどんな漫画家?
サンデーで人気の犬夜叉やらんま1/2、うる星やつらの作者である高橋留美子とはどんな漫画家?
アニメ化、映画化もされたトリコやジャンプで人気になった世紀末リーダー伝たけしを書いたしまぶー、島袋光年はどんな漫画家?

スポンサーリンク

実体験漫画生まれる性別を間違えたの作者である小西真冬とはどんな漫画家か?

小西真冬 漫画家

1983年1月6日生まれた大阪府出身の漫画家です。

元々は男性でしたが、2014年にタイで性転換手術を受け、名も改めて、戸籍以外は女性になりました。数々の職を経て、井上紀良のアシスタントを経て、ヤングエースアップでの連載『生まれる性別をまちがえた!』にて本格的に漫画家デビュー。

アシスタント時代から培った、主にジャンプ系の漫画家・漫画アシスタントたちとの強力なパイプを武器に、業界を渡り歩いています。

LGBTを取り上げたテレビ番組にも出演。LGBTがより広く社会的に認知されるよう講演活動も行っています。モデル事務所に所属。現在もヤングエースアップで同作品の続編を連載中。尊敬する漫画家は、冨樫義博。

学生時代はバンドを組んでドラムを担当していました。ボーカロイドのヘビーリスナーでもあり、ゲームに関しても造詣が深くなっています。また、バンドをしていたことがきっかけで性転換手術前に結婚して、十歳以上年上の妻がいます。現在も義母と共に三人暮らしとなっています。

コミックスタジオで作画を行いつつ、アシスタントは雇っていません。

ヤングエースUPで連載している『生まれる性別をまちがえた!』はどんな漫画か?

生まれる性別をまちがえた

作者である小西真冬のほぼ100%実話の、性転換(性別適合手術)を主軸にしたエッセイ漫画。全1巻。

タイまでひとりで性転換手術をしに行く珍道中、真剣な作者の葛藤、手術に関する細密な描写、世の中に対するLGBT(性的マイノリティー)としての心からの訴えなどが、時に強烈なギャグを交えてつづられています。

性転換漫画というもの自体、少なくはあるが、その中でも内容・画力ともに出色の出来で、ホリエモンこと堀江貴文も賛辞を口にするに至った画期的な作品となっています。

デリケートで難しい問題を、笑いあり・涙ありの構成と演出で描写する作者の手腕には舌を巻く内容となり、そして、長年のアシスタント経験で培った画力の確かさの漫画となっています。隅々まで行き届いた背景描写にも目を奪われる内容です。

LGBTに関心がない、という読者でも、ひとつの漫画作品としての完成度が非常に高いので、一読の価値があります。現在、続編がヤングエースアップで連載されています。

小西真冬のなど生まれる性別をまちがえた!の人気漫画が無料でマンガが読めるマンガUP!なら、多くの漫画が読み放題です。クリックして確認してみてください↓↓

小西真冬 漫画

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。