広瀬すずのイラストが可愛い!ジョジョの奇妙な冒険の作者荒木飛呂彦とはどんな漫画家?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このブログの新着記事

このブログの新着記事

このブログの新着記事

ジョジョの奇妙な冒険

どうも、ブログ主の黒いりんご(glory820 )です。

今までジョジョの奇妙な冒険については、今まで読んでいなかったので1巻から読み始めています。現在連載している8部まで読むと100巻を越えるようですが、1月中には全てを読み終えたいと思っています。

ということで、今回はジョジョの奇妙な冒険の作者である荒木飛呂彦についてまとめてみました。

関連記事
起業家しての一面も!連載中の最新作ネギま!2の今後も気になる赤松健はどんな漫画家?
新作も期待!ハレルヤBØY(ボーイ)やカウンタックの作者である梅澤春人とはどんな漫画家?
ボウリング漫画で新連載!バスケ漫画Dearboysの作者である八神ひろきはどんな漫画家?

スポンサーリンク
広告336280




土方歳三に似ていると話題!ジョジョの奇妙な冒険の作者荒木飛呂彦とはどんな漫画家?

ジョジョ 1部

荒木飛呂彦は1960年6月7日に宮城県仙台市で生まれた漫画家となります。代表作は人気作のジョジョの奇妙な冒険シリーズ。

漫画を描き始めたのは中学時代からであり、高校生時代に読んだ横山光輝のサスペンスシリーズを読み、のちに連載するジョジヨの奇妙な冒険シリーズに影響を与えた。高校生時代に同じ歳であるキン肉マンの作者のゆでたまごがデビューしたことをきっかけに自身も投稿を続け、手塚賞に準入選しデビュー。

その後、魔少年ビューティー、バオー来訪者の連載を経て、1987年にジョジョの奇妙な冒険の連載を開始。2003年まで6部を週刊少年ジャンプで公開。

7部のスティールボールランから月刊誌のウルトラジャンプへ移籍し、現在は8部であるジョジョリオンを同誌で連載中。

執筆のスタイルとしても、朝の10時にはしっかりと起きて夜にはしっかりと寝るという漫画家としての規則正しい生活を行なっています。漫画家としての体力を維持するためにジムなどで水泳などを行なっていますが、体力的にキツくなってきたことで週刊少年ジャンプから月間ウルトラジャンプに移籍しています。

絵のタッチも独特であり、イタリア美術が元になったような絵柄であり、キャラクターにおいてもジョジョ立ちと言われるような独特のポーズをキャラクターが行うことも特徴。

遊戯王の作者高橋和希はジョジョを読んだことで漫画家になろうと志ました。ぬらりひょんの孫の作者の椎橋寛が荒木飛呂彦のアシスタント経験があります。

最近では、広瀬すずのフォトブックの中で書き下ろしのイラストを描くなど漫画以外の面でも活躍を広げています。

ジョジョの奇妙な冒険とはどんな漫画?

1部 ファトムブラッド

ジョジョ 1部

1巻から5巻。舞台は1888年のイギリスが舞台であり、主人公はジョナサン・ジョースター。イギリス生まれの貴族であり、正義感の強く、真面目な青年。養子になったディオ・ブランドーとの出会いが彼の運命を変えていく。

タイトルの通り、物語に登場する石仮面がキーポイントとなり、ジョースター家にあった石仮面に血液型付着すると骨針が飛び出し、脳を刺激して吸血鬼にしてしまうというもの。

この仮面は1部で壊れてなくなりますが、ライバルであるディオが仮面をかぶることで吸血鬼になり、その後の物語でも関わっていくことになる。

1部の最後で爆発する船の共に沈み、ジョナサンは死んでしまいますが、妻であるエリナは生き残り、孫である2部の主人公のジョセフ・ジョースターへ運命は受け継がれることになる。

ちなみにジョナサンの理由としては打ち合わせでよく使っていたファミレスのジョナサンから。

2部 戦闘潮流

ジョジョ 2部

1部から49年後の話となる1938年のニューヨークが舞台となります。5巻から12巻。2部でも主人公はジョナサンの孫であるジョセフ・ジョースターとなります。性格はジョナサンとは違い、暴力的で気性も荒い。他のジョジョと違い、他のタイトルでも登場するジョジョになります。

前作からのその後の話であるので、前作の最後で助けられた赤ん坊とエリナとジョナサンの子供がジョセフであったり、波紋の戦士であるストレイツォ(永遠の若さを求めて裏切り吸血鬼に。)や1部でジョナサンの仲間であり、チンピラのボスだったスピードワゴンも登場します。

2部ではスピードワゴンが石油王になり、メキシコの遺跡で大量の石仮面と共に眠る柱の男を発見してストレイツォに裏切られ、消息を断つところから始まります。吸血鬼となったストレイツォとの戦いをきっかけにナチスと柱の男達との戦いに巻き込まれていくという内容。

この柱の男達が前回から登場する吸血鬼よりも強く、地上最強の生物と言われ、1番初めに登場したサンタナの強さは忘れない中、サンタナが1番弱いのは衝撃でした。

また、1部と比べて波紋の戦い方と心理戦も高度なものになり、柱の男達と戦うことになり、戦いの場面も面白くなってきます。ブログ主的にはシーザーとワムウの戦いは好き。

さらに後半でエリナが1部の終わりで拾った女の子がリサリサであり、まさかの50歳いう展開も驚きです。

3部 スターダストクルセイダース

ジョジョ 3部

2部から50年後の舞台は1987年の日本となります。12巻から28巻。主人公は2部の主人公ジョセフジョースターの孫である空条承太郎。空条承太郎はジョセフとスージーQの子供である空条ホリィの子供です。承太郎については、のちのシリーズで登場することも最も多いキャラクターとなっています。

物語は、1部で宿敵だったDIOが海底から引き上げられ、さらに1部の終わりで一緒に眠りについたジョナサンの体を乗っ取って復活。この3部から波紋ではなくスタンドを使ってのバトルが始まりますが、スタンドが登場したのは、DIOが復活した影響となります。

スタンドが発現した影響で倒れてしまった母親であるホリィを救うため、DIOを倒すために、同じくスタンドを発現したジョセフや仲間たちとエジプトに旅立つというストーリーです。この3部で一旦DIOは承太郎に倒されるので、ジョースター家との決着がつく形となります。

作中で登場するDIOのスタンドであるザ・ワールドは時間停止能力を持ち、承太郎を苦戦させましたが、承太郎のスタンドであるスタープラチナも同様の時間停止能力が発動したため、敗れてしまいます。

とはいえ、3部では仲間であったアヴドゥルや花京院、イギーなど多くの仲間も死んだシリーズとなっています。

荒木飛呂彦のジョジョの奇妙な冒険などのような人気漫画が無料で読める このアプリ なら、多くの漫画が読み放題です。クリックして確認してみてください↓↓

ジョジョ 漫画

スポンサーリンク
広告336280




広告336280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする