【ネタバレ注意】ザリチュ、アイネス登場!龍人とは?ミトラスフィアのメインストーリーあらすじまとめ③

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このブログの新着記事

このブログの新着記事

このブログの新着記事

ミトラスフィア ガチャ

どうも、ブログ主の黒いりんご(glory820)です。

ミトラスフィアの攻略を進めていますが、ミトラスフィアについてはスタミナの概念がないので、ガリガリとメインストーリーを進めています。ストーリーとしては、龍人がどんな存在なのか、黒鎧の男がどう関わるかが気になるところです。一緒に登場したアイネスも同じくですね。

ということで、ミトラスフィアのストーリーの続きについてまとめてみました。

前回までのストーリー
【ネタバレ注意】キャラメイク、声優ボイスが魅力!ミトラスフィアのストーリーあらすじまとめ①
【ネタバレ注意】キャラメイク、声優ボイスが魅力!ミトラスフィアのストーリーあらすじまとめ②

スポンサーリンク
広告336280




【ネタバレ注意】キャラクター、声優ボイスが魅力!ミトラスフィアのストーリーあらすじまとめ③

星屑山山頂(夜)

ミトラスフィア ザリチュ

女神との最後の戦いに向けて、鈍く、重い足取りでありながらも、背中に背負うマチルダ、ヒルダから感謝の言葉を伝えられつつ、主人公は山頂へ。

そして、遂に山頂に到着すると1人で女神ザリチュとの最後の戦いに挑む。

主人公の一撃が女神の身体を傷つけると、ミトラの輝きを持つ限り、主人公を止めることが誰にもできないこと、いつかは自身が何者かわかる日が来ること、その時に主人公がどう決断をするか見物であると言葉を残し、その傷口からミトラの黄金の輝きが放たれて女神は消えたのでした。

女神を倒したことで、森が浄化されて、呪いの進行も止まったのでした。

長い戦いが終わり、夜が明けてミトラの輝きが天への登っていくのでした、その輝きの様子を主人公と、マチルダ、ヒルダはいつまでも見ていたのでした。

エドルの平原(昼)

ミトラスフィア ブロッサム

女神を倒して、ジョバリの里を救って数日後。獲物としての役目を果たした主人公はジョバリの里を出ることになりますが、どこかヒルダは寂しそうな顔をしつつ、マチルダは不満そうな顔。

そんな2人と挨拶をして、その場を後にする主人公。ヒルダから森の進行を止まってから女王として気負い過ぎていることをマチルダですが、ヒルダからの「女王の首輪」を返してもらっていないことで、主人公を追いかけるのでした。

主人公に追いついたマチルダは最後にこの森で一緒に暮らさないかと伝えますが、再び、ミトラスフィアが輝きだし、一筋の光が森の外へ伸びていったのでした。

その光を追う中で、先々代の予言、女神、ミトラスフィアなどこれまでの冒険であった出来事を思い出し、全てのことが1つになった時に龍人、自分のこともわかる気がしました。

主人公を惜しみつつも、首輪を外そうとしたマチルダですが、主人公の首の鱗に引っかかり、首輪は取ることができません。

そして、マチルダは、その首輪を返す時までついてくことを決めたのでした。

マチルダ、ヒルダと旅をすることになり、ジョバリの里を出て、エドルの平原に入るとミトラが降り注いでいました。ミトラが降る時は魔物も元気になる、ミトラとはなんなのか、そんなことを考えながら、平原を進んでいると、魔物に襲われている呑気な少女と出会います。

魔物に襲われている少女を助けると自分が働くレストランで使う材料を集めに来た教えられ、レストランの存在を知らなかったマチルダは美味しい料理が食べられるということで、興味を持つのでした。

少女から海が荒れて食材を運ぶ船が来なくなり、材料がなくなり、さらに財布を落としたことで、平原まで食材を探しに来た経緯を知り、少女の食材を探しを手伝うことになるのでした。

キノコなど多くの食材を集めた主人公たちは少女であるブロッサムからお礼に自分が働くレストランで食事を誘われ、ジョバリの街を目指すことに。

ジョバリの街を目指す中に、ブロッサムから自分の兄のことを伝えられるのでした。

エドルの街(昼)

ミトラスフィア エドルの街

エドルの街に着いたマチルダはその街の大きさに驚きつつ、ブロッサムの働くレストランに到着します。そこで、カナリア亭の主人であり、ブロッサムの兄であるエミリオと出会います。

エミリオから食材を集めてくれたお礼に最高の料理をふるまってくれることになりますが、その瞬間にネコに食材を取られてしまい、主人公たちはネコを追いかけるのでした。

無事にイタズラネコを捕まえて食材を取り戻した主人公でしたが、今度は鳥に食材を奪われてしまいます。

結局、食材を奪われてしまい、困ってしまっている主人公たちの前に現れたのは、ネキアの商人。ネキアの商人から秘密の森に魚を仕入れに行くので、着いて来るかと誘われて、秘密の森に行くことになるのでした。

秘密の森にて大量の魚を仕入れることはできましたが、その魚は魚人。結局、仕入れた魚人ではなく、天海から降って来た魚見たいな魔物翼水竜ハイヴィーヴルを倒し、食べることになるのでした。

遂にエミリオの美味しい料理を食べつつ、エミリオから店にある女神の像のことを教えられます。ブロッサムがお店を建てる際に撤去させなかったこと、毎日、花を飾っていること。

そんな話をしていると、「脱走奴隷だ!」との声がレストラン内で聞こえ、その場所に行くと現れたのは、主人公が助けた奴隷の少女。脱走した少女もこの街にして、再び、空賊に見つかってしまったのでした。

再び、少女を助けるために、空賊の元に立つ主人公。空賊を倒し、再び、少女を救い出した主人公でした。

主人公達と空賊との戦いで女神の像が傷ついていないか確認していたブロッサムは女神の像にシンボルがあることを見つけます。シンボルが一瞬光り輝くのですが、ブロッサム以外は気がつかないのでした。

ブロッサムと出会ってから、長い一日が終わり、エミリオから今回の給料を手渡され、宿を見つけるためにカナリア亭を離れる主人公達ですが、ズドーンという大きな爆発の衝撃を受けます。

爆発があった場所はカナリア亭のあった場所。爆発があっただけでなく、魔物も現れたことで、主人公達は再びカナリア亭に走るのでした。

エドルの街(夜)

ミトラスフィア ゲーム画面

爆発で混乱する街を進む主人公達。ミトラを含んだ雹が街に降り注ぎ、雹を浴びた魔物が凶暴化していたのでした。

カナリア亭に到着して、無事にブロッサムとエミリオを魔物から救い出すと、暗い夜の闇の中から不気味な影が浮かび上がります。不気味な影は、武装した飛空挺であり、爆発は飛空挺からの砲弾だったのでした。

飛空挺には森で出会った黒鎧の男の姿が。。飛空挺から再び砲弾され、ブロッサムの大切にする女神像は壊れてしまうのでした。

砲弾が届かない海岸に向かうと、そこには燃え盛るエドルの街を飲み込まんとする巨大な波の壁。巨大な波の中から聞こえる魔物の咆哮と共に巨大な波は人型になり、主人公達を襲って来たのでした。

エドルの街(夜)

ミトラスフィア アイリス

飛空挺の砲弾の目的は女神像の破壊でした。女神像を破壊したことで、次は街一帯を破壊しようとする飛空挺の船員ですが、真っ二つに切られてしまいます。

黒鎧の男からアイネスと呼ばれた少年は、黒鎧の男から初任務を伝えられるのだった。アイネスは魔女を倒すために黒鎧の男の元で力をつけて来たのです。

しかし、黒鎧の男は魔女を倒すのは真の龍人である主人公であり、アイネスは二番手であること、アイネスの任務は魔女の元に主人公を連れてくることを伝えるのでした。

巨大な暗い波に飲み込まれた主人公は、脳裏に響き渡ることで目を覚まします。目を覚ますと、暗い浜辺の波打ち際に1人でいました。

バラバラになってしまった仲間を探すために歩き始めますが、人影はどこにもない。

ふと、足跡が2人分あることを見つけて、その足跡を辿ると悲鳴が聞こえて主人公は声の方へ走るのでした。悲鳴の声の元にマチルダの姿のみでした。

その頃、エミリオに起こされたヒルダ達も主人公達を探していました。

襲ってくる魔物を倒しつつ、仲間を探す主人公とマチルダは洞窟を見つけて入ることに。その姿を見ていたのは、黒鎧の男とアイネスでした。

黒鎧の男から主人公に近しいものを餌にすることを命令を受けたアイネスでしたが、アイネスを自身の力を示そうと考えるのでした。

実際のミトラスフィアで確認する場合にはこちら↓↓

続きのストーリーはこちら

【ネタバレ注意】ダークナイト?龍人と魔女の関係?ミトラスフィアのメインストーリーあらすじまとめ④

スポンサーリンク
広告336280




広告336280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする