【ネタバレ注意】ダークナイト?龍人と魔女の関係?ミトラスフィアのメインストーリーあらすじまとめ④

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このブログの新着記事

このブログの新着記事

このブログの新着記事

ミトラスフィア メインストーリー

どうも、ブログ主の黒いりんご(glory820)です。

この土曜日で遂にミトラスフィアのメインストーリーをリリースされているところまでは全てクリアしたので、次回のストーリーの更新のアップデートが楽しみになっています。まだ、物語の謎が多く残っているのでアップデートまではコラボイベントなどを楽しもうと思っています。*2018年2月17日ストーリー大海嘯(昼)まで

ということで、ミトラスフィアのストーリーの続きについてまとめてみました。

前回までのストーリー
【ネタバレ注意】キャラメイク、声優ボイスが魅力!ミトラスフィアのストーリーあらすじまとめ①
【ネタバレ注意】キャラメイク、声優ボイスが魅力!ミトラスフィアのストーリーあらすじまとめ②
【ネタバレ注意】ザリチュ、アイネス登場!龍人とは?ミトラスフィアのメインストーリーあらすじまとめ③

スポンサーリンク
広告336280




【ネタバレ注意】キャラクター、声優ボイスが魅力!ミトラスフィアのストーリーあらすじまとめ④

海辺の洞窟(夜)

ミトラスフィア 海辺の洞窟

主人公とマチルダが洞窟に入ったと同じく、ヒルダとエミリオも洞窟に入り、はぐれてしまった仲間を探していた。

潮が満ちると洞窟の半分以上が沈んでしまうため、危険であり、限られた時間しか残っていない中、ヒルダはブロッサムが持ち歩いていた女神像の飾り付けられていた花びらを見つける。

誰かに見張られているような気配に気づきながらも、探索を続けるエミリオは洞窟の奥でブロッサムらしき人影を見つけてヒルダと共に追いかけることに。そして、主人公とマチルダもヒルダの声を聞いて急ぐのであった。

ヒルダの声の方向に進む主人公とマチルダは、オオオオと恨んでいるような声が近づいてくるのを感じるのでした。

ブロッサムがいた場所に着いたエミリオは、オオオオと鳴く魔物からの一撃を食らってしまうが、ヒルダに助けられます。ヒルダの一撃で逃げた魔物でしたが、先ほどから感じた妙な気配が先ほども魔物であることを知るのでした。

ブロッサムのことで周りが見えなくなっていたエミリオはヒルダの言葉で落ち着くのでした。

マチルダの声が聞こえつつも、エミリオは先ほどの魔物の一撃で傷を負っていたため、ヒルダ達は少し休むことに。回復ため、少し休息をとることになったエミリオは、ヒルダにブロッサムとの過去の話をするのでした。

その頃、マチルダはブロッサムの声を聞き、主人公と共に急ぎます。ブロッサムの姿を見つけたマチルダでしたが、誰かと一緒にいる姿を見かけますが、2人の前にオオオオと鳴く魔物(怨霊)が現れます。

怨霊を打ち倒して、ブロッサムのいた場所を見るとブロッサムの姿はありませんでした。

ブロッサムと一緒に歩くのはアイネス。ブロッサムをエミリオの元に連れて行くという言葉誘い出し、黒鎧の男の元へ連れて来たのでした。

飛空挺の墓場(夜)

ミトラスフィア メインストーリー

洞窟を進み、主人公とマチルダは船の墓場に到着。そこは、多くの怨霊の巣になっていました。

2人で戦いつつも、気がつけば、多くの怨霊に囲まれてしまいますが、そこにヒルダとエミリオが登場。手分けして怨霊を打ち倒すのでした。

怨霊を打ち倒して、合流できた4人は、ブロッサムの悲鳴を聞き、悲鳴の聞こえる方向に急ぎます。

黒鎧の男の前に連れてこられたブロッサムは主人公を引きづり出すための囮役でした。船に連れ込まれそうなブロッサムの前に到着した4人ですが、アイネスが立ちはだかり、エミリオは切られてしまいます。

ブロッサムを取り戻すために、アイネスの元に出る主人公。主人公との戦いを望んでいたアイネスですが、主人公と戦わずにブロッサムを連れて飛空挺の離脱地点に行くようにと黒鎧の男の命令が入り、ブロッサムを連れて去っていきます。

アイネスの代わりに主人公達の前に立ちふさがる黒鎧の男は、自身はダークナイトであり、龍人である主人公が王の座にふさわしいかを確認するために襲いかかってくるのでした。

主人公と戦いながらも、ダークナイトはブロッサムを魔女のところに送り込んだことを伝え、姿を消します。

再び襲ってくる怨霊を倒しつつ、ブロッサムを連れ去ったアイネスの後を追い、傷ついたエミリオとヒルダを残し、主人公とマチルダは廃船へ。

廃船内部(夜)

ミトラスフィア メインストーリー

主人公とマチルダの2人は怨霊の巣となっている廃線の中を進んで行きます。マチルダを連れたアイネスが見えるところまで来た時に後から来たヒルダとエミリオと合流し、先を急ぎます。

拘束されたブロッサムを見つけた4人でしたが、ブロッサムの拘束を解いた瞬間に灯りが消えてアイネスの攻撃を受けてしまいます。アイネスは主人公と同じく謎の声が聞こえているようです。

龍人としての力がどれくらいなのかを見極めるために主人公と戦うアイネスは、本当の龍人の力(翼が生えた主人公と同じ)を使おうとしますが、空から現れた飛空挺からのダークナイトの命令で戦いを止めてブロッサムと共に飛空挺に乗るのでした。

飛空挺で連れさらわれてしまったブロッサムを救うために魔女の行方を示し始めたミトラスフィアが指す方向は大海嘯。

魔女のいる大海嘯へ向かうためのエミリオに連れられて主人公達はどこかに向かうのでした。

カナリヤ号(昼)

ミトラスフィア メインストーリー

エミリオに連れられて来たのは、飛空挺カナリヤ号。自身の夢のためにネキアの商人から買った飛空挺で大海嘯へ向かうことに。

飛空挺で大海嘯に向かう主人公達は大海嘯に向かうダークナイト達に追いつきます。

襲ってくる魔物の群れを倒す主人公であったが、再び、謎の声が語りかけて来ます。「抵抗はできない、絶対的な運命の前では見ていることしかできない、血を流せ」

ヒルダの声で正気を取り戻した主人公は、飛空挺で大海嘯に突入する際に邪魔な螺旋竜を倒し、大海嘯に飛空挺のまま突っ込むのでした。

大海嘯(昼)

ミトラスフィア メインストーリー

外では荒れ狂う大海嘯ですが、内部では予想よりも穏やか。主人公達よりも一足早く大海嘯についたダークナイト達は、飛空挺で突入した主人公達の存在を感じ取ります。

なんとか無事に大海嘯に突入した主人公達ですが、主人公達が到着したことで、穏やかであった大海嘯はうねりを始め、荒れ狂うのでした。

ダークナイトと魔女の元に向かうアイネスは龍人の血が反応を始めます。その時、荒れ狂う大海嘯の波のから煢然の魔女が現れます。

煢然の魔女はブロッサムに「私を起こしたのは花の乙女」と問いかけ、煢然の魔女と出会ったことでアイネスは「お前を殺しに来た」と伝えるのでした。煢然の魔女はブロッサムに逃げるように伝え、襲ってくるアイネスを止めたのでした。

魔女は龍の力を止めるために生まれた。自分を止めるために戦えと言うアイネスですが、煢然の魔女は自分が戦わなければいけない龍人はアイネスではなく主人公であることを伝えるのでした。

そこに到着した主人公達。アイネスの相手をヒルダに任せて、主人公は煢然の魔女に挑むのでした。戦うべき相手である主人公が来たことで、煢然の魔女は「いつか訪れる破滅を背負った者を止める」と主人公と戦うのでした。

煢然の魔女の魔物に襲われるブロッサムとエミリオ、マチルダ、アイネスと戦うヒルダ、煢然の魔女と戦う主人公と次第に追い詰められていきます。

その時、ブロッサムの「止めて」と言う言葉で立ち止まります。そして、ブロッサムも自分が気に入っていた女神の像に煢然の魔女がそっくりであることに気がつくのでした。

その瞬間を逃さなかったアイネスにより、煢然の魔女は傷を負ってしまい、主人公は龍人の力を解放したアイネスと戦うことに。

龍人の力を解放したアイネスを打ち破りますが、煢然の魔女がアイネスによってダメージを受けてしまったことで大海嘯が崩れ始めます。主人公に敗れたアイネスを連れてダークナイトは去っていきました。

崩れ落ち始めた大海嘯から脱出するために救命艇を準備を始める主人公達ですが、救命艇は5人乗り。船に残して来たネキアの商人を加えると6人となりますが、小さなマチルダがいるから問題ないと伝えるエミリオ。

脱出の準備をしていると飛空挺の機関室で爆発が起こり、脱出の準備を任せてエミリオは機関室に行くのでした。元々、5人乗りの救命艇に自分は乗らないと決めていたエミリオはブロッサムのことをヒルダに任せていました。

飛空挺の機関室に向かうエミリオの前に現れた煢然の魔女。煢然の魔女も最後の力を振り絞っていました。

煢然の魔女に遭遇したエミリオの元にみんなの制止も聞かずに入る主人公。最後の力を振り絞る煢然の魔女と主人公の最後の戦いが始まるのでした。

大海嘯が崩れる寸前で救助船を出して脱出したヒルダ、マチルダ、ブロッサム。救助艇が飛ぶことを見届けた主人公とエミリオ。

残された2人の前に現れた煢然の魔女はエミリオが死んだらブロッサムが悲しむことを悟り、最後の力を使い、大海嘯は大爆発を起こしたのでした。

そして、煢然の魔女のおかげで浜辺に着いたヒルダ、マチルダ、ブロッサムの3人の元に主人公とエミリオも無事に帰るのでした。

実際のミトラスフィアで確認する場合にはこちら↓↓

スポンサーリンク
広告336280




広告336280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする