メタルクウラ100体?映画ドラゴンボールZ激突!100億パワーの戦士たち_あらすじネタバレ感想

シェアする




メタルクウラ 映画

どうも、ブログ主の黒いりんご(glory820)です。

先日からhuluやU-nextなどで家でのんびりと映画を見ることにハマっています。時間がない時には1時間以内で見れるものを選んで見ていますが、調べてみると意外にも劇場版ドラゴンボールが45分ほどであったことがあるので、少し時間が空いた際にはドラゴンボールを見ています。

今回はフリーザの兄であるクウラが登場するドラゴンボールZ激突!!100億パワーの戦士たちを視聴し終えました。個人的にはメタルクウラよりも、通常のクウラの変身形態の方が好きなんですが、、、でも、やはり、ドラゴンボールは面白い!




メタルクウラ100体軍団?映画ドラゴンボールZ激突!100億パワーの戦士たち_あらすじネタバレ感想

メタルクウラ 映画

機械惑星ビッグゲテスターの科学力によって復活したフリーザの兄クウラがメタルクウラとして復活。時系列としてはセルゲーム開幕宣言から開幕までの間。

物語としては、フリーザとの戦いで消えてしまったナメック星から新たに移り住んだ新ナメック星が宇宙からきた機械惑星ビッグゲテスターに襲われて、地球の神となったデンデに助けを求めるところから始まります。

悟空、悟飯、クリリン、ピッコロ、亀仙人、ウーロン、ヤジロベーが新ナメック星に到着して現れたのは倒したはずのフリーザの兄であるクウラであったというオープニング。

幼い時に見た以来久しぶりとあって改めて見て見ると放映時間は意外に45分と短い。

劇場版に久しぶりに亀仙人が登場したり、クリリンは「なんで俺だけ」と相変わらずにやられ具合だったり、スーパーサイヤ人になる前にも界王拳を悟空が使用していたりと、、、、この時くらいまではピッコロも活躍しているんですね。

クウラもメタルクウラとして復活しますが、瞬間移動を使えたり、ビッグゲテスターのメインコンピューターによって弱点が改善されてパワーアップしたり、自己回復能力(作中では右腕が破壊された後に修復されている)を持っていたりと、これは強いw

ドラゴンボール クウラ

45分のストーリーになりますが、30分近くでやっとベジータが登場。実は劇場版ではベジータが初登場。ベジータの登場で一度はメタルクウラを破壊しますが、その後に数百体のメタルクウラが登場で、さすがにこれは勝てず、捕えられてしまいます。この絶望感は、、、

ってか、ベジータ、序盤でカプセルコーポレーションの宇宙船にいなかったじゃん。後から1人で新ナメック星に向かってきたのか????謎な部分。。

ビッグゲテスターはメインコンピュータがクウラの脳と融合しているので、コアはクウラの意思を持つようになっていました。本当のクウラの身体は脳と右目しか残っていない状況。

生命エネルギーを使ってメタル超サイヤ人を作るためにメタルクウラによって捕えられた悟空とベジータですが、そのエネルギーの大きさを吸収できずにダメージを受けてオーバーヒートしてしまいます。これにより、各メタルクウラも自爆。

本体のコアで悟空とベジータに襲いかかるクウラですが、ベジータの攻撃から悟空がとどめを刺して力尽きました。

他の劇場版ドラゴンボールのシリーズと比べると1:1の戦いが少なく、エネルギーの吸収でのオーバーヒートが致命的になるとは、、、

その他の劇場版はこちら
新しいブロリーの映画の公開前に!映画ドラゴンボール超、Zあらすじネタバレ感想まとめ

鳥山明のドラゴンボールではないですが、人気タイトルの漫画が無料が読める こちらのアプリ なら、多くの人気漫画が読み放題です。クリックして確認してみてください↓↓

ドラゴンボール超 マンガ