人造人間13号、14号、15号が登場!映画ドラゴンボールZ 極限バトル!!三大超サイヤ人_あらすじネタバレ感想

シェアする




ドラゴンボール 映画 人造人間
どうも、ブログ主の黒いりんご(glory820)です。

メタルクウラに続いてドラゴンボール劇場版を見続けていますが、どれも45分などの戦いもサクサクと進みますね、、、、幼い時に見た以来であるのでこんなに短い時間だとは、、、こんなに短いとあっさりとやられてしまう、不遇のキャラクラーが多くなりますね、、、

今回は人造人間13号、14号、15号が登場したドラゴンボールZ極限バトル!!三大超サイヤ人を視聴し終えました。

関連記事
メタルクウラ100体?映画ドラゴンボールZ激突!100億パワーの戦士たち_あらすじネタバレ感想




人造人間13号、14号、15号が登場!映画ドラゴンボールZ 極限バトル!!三大超サイヤ人_あらすじネタバレ感想

ドラゴンボール 映画 人造人間

時系列としては、人造人間20号であるドクターゲロが死亡してからセルが登場するまでの間であり、前作のメタルクウラの前になります。青年トランクスが初登場する作品。

物語としては人造人間17号によってドクターゲロが殺されるところから始まり、悟空を抹殺するため、ゲロの思想を持ったスーパーコンピューターが開発した3人の人造人間14号、15号、13号が現れるというストーリー。

白い肌と筋肉質で巨漢が特徴の人造人間であり、ほぼ、言葉を発しない人造人間14号はトランクスと戦い、通常状態のトランクスには優位に立つが、、、

14号とは逆に最も小柄でサングラスと大きな帽子が特徴の人造人間15号。ドクターゲロのコンピュータと繋がっていることで戦闘能力を分析することが可能。14号と共にトランクスと戦うが、ベジータが参戦するとベジータと戦うこと。

この作品でも前作と同様に序盤で30分近くは登場せずに、人造人間13号のデッドリィボンバー(地球の半分を破壊できる攻撃力)でピンチに陥った悟空の前に登場するベジータ。

通常状態では人造人間に劣勢のベジータとトランクスですが、スーパーサイヤ人になると圧倒的にやられてしまう、14号、15号。14号は剣で真っ二つに,15号は首を折られて破壊。

ドラゴンボール 映画 人造人間

リーダーである人造人間13号は他の2人の人造人間とは違い、会話も行い、作中で完成して登場して悟空と戦うが、14号、15号がやられると14号、15号のメインチップを吸収してパワーアップ。ベジータよりも後に悟飯を助けるために登城したピッコロも見せ場もなく、、、

肌色も肌色から青に、髪の毛も白髪からオレンジに、そして体格もデカくなり、スーパーサイヤ人の悟空、ベジータ、トランクスの3人を上回る圧倒的な強さに。

ピンチになった悟空は元気玉にて攻撃しようと、スーパーサイヤ人になるが、邪悪なる心を持つスーパーサイヤ人では元気玉を維持できなく元気玉を体内に吸収。

元気玉を吸収した悟空は一撃でパワーアップした人造人間13号を破壊します。人造人間13号を破壊されたことで連動していたドクターゲロのコンピュータも停止します。

前作からそうであるが、ピッコロはそこまで活躍できなくなり、クリリンに至っては完全にお笑い要素に。w

その他の劇場版はこちら
新しいブロリーの映画の公開前に!映画ドラゴンボール超、Zあらすじネタバレ感想まとめ

鳥山明のドラゴンボールではないですが、人気タイトルの漫画が無料が読める こちらのアプリ なら、多くの人気漫画が読み放題です。クリックして確認してみてください↓↓

ドラゴンボール超 マンガ