実際に再現料理のレシピも?鉄鍋のジャンR頂上決戦にてジャンが作った料理まとめ

鉄鍋のジャンR 料理
どうも、ブログ主の黒いりんご(glory820 )です

鉄鍋のジャン!を全て読んだので続編である鉄鍋のジャン!R頂上決戦を飲み終えました。前半と比べるとウジやサメなどゲテモノ料理や毒料理もない内容になっていますねw

ということで今回は鉄鍋のジャンR頂上決戦でジャンが作った料理をまとめてみました。前作と比べると全ての料理が美味しそうですねw
関連記事
再現料理も可能?息子が登場で2ndの連載も気になる鉄鍋のジャンで登場した料理まとめ – グロリアス
秋山醤と五番町キリコが結婚して息子?続編も気になる鉄鍋のジャンとはどんな漫画かまとめてみた – グロリアス
新作も期待!ハレルヤBØY(ボーイ)やカウンタックの作者である梅澤春人とはどんな漫画家? – グロリアス

スポンサーリンク

鉄鍋のジャンR頂上決戦でジャンが作った料理まとめ

担々麺 超力招来担々麺(チャオリーザァオライダヌダヌミュヌ)

鉄鍋のジャン 坦々麺
醤油、酢を使った黒胡麻の麺と普通の麺の2本の色違いの麺とトッピングでの大きなトウガラシの坦々麺。

トッピングのでかいトウガラシは脆いが、食べると酸っぱく後味は甘いインドのカード・チリ。このトウガラシを振りかけ、味の違う2種類の麺と一緒に食すことで、口の中で混ざり合い美味しい坦々麺となる。

また、油にも回復と強壮薬であるセサミオイルを使っているので、食べることで力が漲り、エネルギーが湧いてくる。

卵料理 荷葉糟蛋鶏塊(ホイエザオタンチーコワイ)

鉄鍋のジャン 卵料理
鶏肉のハスの葉包み、幻のザオタン風味。

皮もしっかりとし、脂身も美味しい広東の地鶏をぶつ切りにし、ハトの卵は茹でて素揚げ。

それらをハスの葉で蒸すことで鶏の旨味が調味料と溶け合い、鶏全体の旨味が増す。

また、幻の卵であるザオタンを使った味付けで口いっぱいに風味が広がる一品。

海老チリ 頂瓜原味球節鰕(ディンゴワユアヌウェイチュウヂェシャ)

鉄鍋のジャン エビチリ
頭がない殻付きのエビチリのように見えるが、エビのすり身を殻に詰めなおしてある。

すり身にしたことで、海老本来のプリプリ感はなくなるが、クワイや豚の背脂で味付けられたすり身に海老油を使ったソース、揚げた海老の殻で海老の風味を上げて、旨味が上げている。

車海老の300匹を使い、1匹あたり微量しかとれない海老味噌を大量に使っていることで海老の味が凝縮されたエビチリ。

牛肉料理 原澳地香灼金草牛(ユアヌオデイシャンヂィオヂンツァオニュウ)

牛肉料理 鉄鍋のジャン
超熟グラスフェッドの熱々スープがけ ワイルドオーストラリアの香り仕立て

固く土臭いオージービーフのグラスフェッドを果実のペーストを塗り、炉の余熱で温めて超熟成させる。熟成させた肉はミディアムレアに焼き、肉の一部で出汁をとったスープを肉にかける一品。

超熟成させたオージービーフは牛肉らしい牛肉となり、肉本来の味を味わえる。また、スープの染み込んだ餅もすいとんのような食感で肉の引き立て役となっている。

また、グレートビクトリア砂漠の岩塩やペーストで使ったキウイやマンゴーなどの果実もオーストラリア産となっている。

酢豚 玉龍雪山喧賭肉(ユイロンシュエシャンコウラオロウ)

酢豚 鉄鍋のジャン
岩石酢豚ガツの詰め物丸揚げ。豚の胃袋ガツを丁寧に処理し下茹でした後に、その中に豚肉の各部位と野菜詰め込み、揚げたもの。

揚げた衣のサクッとした美味しさとガツの弾力と2つの食感が味わえ、中の豚肉の各部位と野菜もそれぞれ違う食感であり、あとをひく旨さとなっている。

酢には鳥梅を漬け込んだ黒酢に黒砂糖甘みをつけている。ビターな甘みには隠し味としてのチョコレートを使っている。

水料理 水盥雷神龍(シュイグワンレイシェンロン)

水料理 鉄鍋のジャン
ウツボと龍瓜の辛味煮タライ盛り。牛肉の辛味煮のウツボ版。

超軟水と油、香辛料で煮込むことで、素材の旨みをそのまま引き出し、身は骨から剥がれやすくなるほど柔らかくなっている

食すことで痺れて汗が噴き出すほどの辛さがあるが、瓜により口の中の水分を補い、爽快感を与えてくれる。

ウツボの旨味が染み込んだ煮汁はキレの良い辛さとなり、非常に美味しくなっている。

皮付きモモ肉の回鍋肉

回鍋肉 鉄鍋のジャン
皮付きモモ肉を一度茹で、茹でたモモ肉を鍋に戻すことで、茹で汁でスープも作れる。調味料を入れた後に葉ニンニクを入れて肉が反り返るまで炒める。

茹で肉を反り返るまで炒めた肉とその肉の脂が絡まった野菜は格別。

回鍋肉 九龍飄香回鍋肉(ヂィウロンピャオシャンホイグォドゥフォン)

ラクダのコブ 回鍋肉
珍味として知られるラクダのコブを肉の代わりに使った回鍋肉。

味がのりにくいラクダのコブを四川のソラマメと唐辛子を5年発酵させた豆板醬、四川のからし菜の漬物などで作ったオリジナルのXO醤、数種の香辛料を空炒りし、水とごく少量の油で煮出したマジックスパイスウォーターを使って作られた回鍋肉。

ラクダのコブにより、今まで食べた時がない食感と味があり、料理を食べた後に鼻から優しい香りが抜ける。クセの強いからし菜の漬物はラクダのコブに合い、しっかりとした味わいになっている。

フカヒレ料理

フカヒレ 鉄鍋のジャン
サクサクの春巻きの器に仕込んだフカヒレのカニの餡かけ仕立て。レンゲ、ひと口でコース料理を食べた満足感を味わえる一品。

一口食べると春巻きのあんがかかっている場所、パリパリの場所と2つの食感が感じられ、フカヒレ、金華ハム、椎茸の旨味が味わえる。

カニの身と卵にかかっているあんの量も絶妙で、スープも旨みを凝縮し、最後にもやしのシャキッとした食感で締めくくる。
Posted from するぷろ for iOS.

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。